ワタミ渡邉美樹氏「居酒屋市場は永遠に戻らない」 創業者が展望する「コロナ後の外食」とは

印刷
A
A

年明け以降、オミクロン株の感染拡大で再び苦境に追い込まれた外食業界。ワタミ創業者の渡邉美樹氏に今後の展望を聞いた。

渡邉氏は第6波がピークアウトした先も「楽観視していない」と強調した(撮影:今井康一)

特集「外食 復活への分岐点」の他の記事を読む

2022年も1月からまん延防止等重点措置が適用された。外食産業にとって苦渋の日々は続くが、その中においてもコロナ収束後を見据えた動きを取り始めている企業もある。
外食大手ワタミの創業者で会長兼社長の渡邉美樹氏は、「この先」をどう考えているのか。1月28日に本人を直撃した。

第6波の影響は3月中旬まで続く

――新型コロナウイルスの感染拡大は「第6波」を迎えています。どのような影響が表れていますか。

外食、とくに居酒屋は厳しい。(行政からの要請により)多くの店舗が臨時休業に踏み切ったことで、まともな営業ができていない。営業している店舗についても、(時短対応や消費者心理により)コロナ前の2019年比で20%ぐらいにまで売り上げが落ちてしまった。

2021年12月にはコロナ前の60%近くにまで売り上げが戻ったこともあり、外食事業は単月黒字になった。このままいってくれればいいなと思っていたが、年が明けて1月から客足が一気に減った。

――過去の第5波との違いは。

次ページ食材高と円安の逆風はやまぬ
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内