ガスト、あえて「低価格品」の拡充に走る根本理由 食材高や人件費増の中、500円台の商品を増やす

印刷
A
A

食材にも値上げの嵐が吹き荒れる中、あえて低価格品の強化を打ち出したガスト。はたして逆張りともとれる戦略は吉と出るのか。

ファミリーレストラン「ガスト」は、現在500~600円台のメニューを増やしている(記者撮影)

特集「外食 復活への分岐点」の他の記事を読む

3月下旬、ファミリーレストラン「ガスト」の都内店舗。1人客用のカウンター席に座り、備え付けのタブレット端末で料理を注文した。この席はリモートワークでの利用などを意識して、最近改装された店舗を中心に導入されている。

「青く光るトレーから料理をお取りくださいニャ。お待たせいたしました」

数分待つと、ネコの顔をあしらったフロアサービスロボットがかわいらしい声で料理を届けにきた。食後の会計はセルフレジで支払う。注文から会計までの間、スタッフとのやり取りはほとんどない。

ガストなどのブランドを約3100店運営し、年間で延べ4億人が来店するファミレス最大手のすかいらーくホールディングス(HD)。その事業が大きな転機を迎えようとしている。1つが、コロナ禍での非接触ニーズや人件費上昇などを背景としたデジタル化の推進だ。

それらに加えて、「ウィズコロナ、コロナ後における最大の経営戦略」(すかいらーくHDの谷真会長兼社長)と位置づけるのが、価格の見直しだ。

強気に出た価格戦略

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内