スクエニが何度でも「FF」の新作を生み出せる神髄 NFT早期参入にも生きた新技術と融合する文化

印刷
A
A

ゲーム・出版の両事業で存在感を発揮するスクウェア・エニックスHD。IP系企業の中でも希有なポートフォリオを抱える同社の事業戦略に迫った。

IP創出における2大産業のゲームと出版。両事業を展開するスクエニのみぞ知る、本質的な違いを問うた(撮影:今井康一)

特集「キャラビジネス大乱闘」の他の記事を読む

「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」など、人気のゲームIP(版権)を持つスクウェア・エニックス・ホールディングス。ゲーム企業としては珍しく出版事業も持ち、『鋼の錬金術師』や『賭ケグルイ』など人気漫画を輩出してきた。
2021年3月期はリメイク作のヒットにも恵まれ、過去最高の営業利益を計上。中期事業計画ではさらなる成長を目指すべく、ゲーム内アイテムに希少性があり、暗号資産を通じた取引が可能なゲームの開発を発表するなど、新技術を活用したIP展開にも積極的に取り組んでいる。
なぜスクエニはいち早くIPを使って、さまざまな展開ができているのか。最高戦略責任者の桐生隆司氏に話を聞いた。

時代が変化するほど生きるゲームIP

――NFTなど新しい技術を生かしたIP展開に取り組んでいます。

新しいものを先取りしながら、積極的に(IPと)融合させている。直近では「資産性ミリオンアーサー」(10月開始のブロックチェーン技術を用いたNFTデジタルシール)にもチャレンジしている。

新しいキャラクターコンテンツと技術で商品を作るのはかなりリスクがあるが、既視感のあるコンテンツに新しい技術を取り入れれば、リスクが少なくなる。そうなると、(コンテンツを)純粋に面白く提供できるかの勝負ができる。そのとき、ゲームIPを持っていることがわれわれの強みになってくる。

――ゲームIPの強みはどのようなところでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内