株価急騰「KADOKAWA」異色メディア企業の実像 巣ごもりで伸びるグローバル市場も攻めていく

印刷
A
A

他の出版社に先駆け映像やゲームなどさまざまな事業を手掛けてきたKADOKAWA。同社の次の一手とは。

メディアミックスと海外展開。2つの重要領域から、それぞれのキーマンがインタビューに応じた(記者撮影)

特集「キャラビジネス大乱闘」の他の記事を読む

『Re:ゼロから始める異世界生活』など、ライトノベルの原作を軸とした人気IP(知的財産)を擁するKADOKAWA(カドカワ)の業績が好調だ。
2021年3月期は好採算な電子書籍の成長や、紙書籍の返品率改善が貢献。売上高は2099億円(前年同期比2.6%増)、営業利益136億円(同68%増)と大幅増益を達成した。株価も5年前から、天井を打ったものの約3倍にまで上昇している。老舗出版社にルーツを持ちながら、映像やゲームといった事業にも手を広げ、業界ではいち早くメディアミックスを推進してきた。
後を追うように大手出版社やゲーム会社がIPのマルチメディア展開を加速させる中、カドカワは次の成長軸をどこに据えるのか。メディアミックス事業グループ コンテンツ事業局の垣貫真和局長、海外事業局 海外事業統括部の石原輝明部長に聞いた。

 

――エンタメ産業を見渡したとき、ビジネスモデルが類似する企業はなかなか見当たりません。

メディアミックス担当 垣貫局長(以下、垣貫):あえて挙げるならば、やっぱり(映像やテーマパークなど全方位的に手掛けている)アメリカのウォルト・ディズニー?

海外事業担当 石原部長(以下、石原):そうですね。ちょっと口にしにくい(笑)。

垣貫:いやいや、そういうこと。われわれ自身、出版業界にどっぷり浸かっているという認識はあまりない。おそらく、片足の4分の3ぐらいは出版業界だけど、もう片足は全然違う業界に達しかけている。

――こうしたポートフォリオの展開は、各コンテンツ市場におけるKADOKAWAの競争力の強化にもつながっているのでしょうか。

次ページタイのBLをコミカライズする
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内