セガが「ゲーム業界のマーベル」目指す熱量の背景 ソニック筆頭にメガドライブのキャラを再強化

印刷
A
A

近年、ゲーム事業について「デバイス軸からIP軸へ」のシフトを掲げてきたセガ。カギを握るのは「ソニック」など古株IPだ。

ゲーム事業が好調のセガ。看板IPの「ソニック」を軸に、マルチメディア展開が加速している(撮影:梅谷秀司)

特集「キャラビジネス大乱闘」の他の記事を読む

セガサミーホールディングスは2022年3月期、好調のゲーム系事業で3期連続の営業増益を見込む。その牽引役となっているのが傘下の名門ゲーム企業・セガだ。
同社は12月10日、アメリカ・ロサンゼルスで開催されたゲームイベント内で、2022年冬に「ソニック」の新作ゲーム「ソニックフロンティア」発売を決定。ソニックブランドは2022年にハリウッド2作目の映画が公開となり、ネットフリックスで新作アニメシリーズも配信が予定されるなど、メディアミックス戦略が加速している。
ゲーム各社が同様の戦略に傾く中、セガはソニックをベースに激しい競争を勝ち抜けるのか。今後の戦略を内海州史副社長に聞いた。

世界のIT大手がゲームとキャラIPに関心

――ゲームに縛られないソニックIP(版権)の展開が目立ちます。

1988年発売の家庭用ゲーム機「メガドライブ」時代のIPを、映画・ゲームの側面から再び活性化させようとしており、その中心はソニックになる。

例えばマーベルはスパイダーマンをどんどん新しくしているが、名前は変わらない。(スパイダーマン以外の)新しい作品も、マーベルらしさを兼ね備えている。セガもゲーム業界のマーベルになれる。

今、ゲームのエコシステムが変わってきて、マイクロソフトやグーグル、アマゾン、ネットフリックスなど、さまざまなIT企業がゲームに興味を持っている。その中でIPの需要が非常に盛んになっており、とくにファミリー層をターゲットにするようなチャンネルやサービスを考えたときに、ソニックはなかなか有効なIPなのではないか。

――本来、セガはゲームの会社でした。ソニックIPを強化する流れで、セガの姿はゲーム会社から変化していくのでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内