赤字転落のセガサミー「祖業」のゲーセン撤退 稼ぎ頭のパチスロ低迷でカジノ計画にも暗雲

拡大
縮小

構造改革進めるも営業利益の8割強を占めるパチスロ・パチンコが低迷している。

セガサミーHDはゲームセンター事業から事実上撤退することになった

傘下にパチスロ大手「サミー」などを抱えるセガサミーホールディングス(HD)は11月4日、ゲームセンター運営の子会社「セガ エンタテインメント」(SE)の株式のうち85.1%を売却し、ゲームセンター事業から事実上撤退することを決めた。

セガサミーHDの里見治紀社長は11月6日に開いた決算説明会で「もしこのままわれわれが持っていたとしても、大幅な店舗削減をしなければいけない」と語った。SE株の売却先はゲームセンター向け機器レンタルを営むGENDA社で、売却に伴い約200億円の特別損失を計上する。

売却の最大の要因は、セガサミーHDの業績低迷だ。新型コロナウイルスは主力のパチスロ・パチンコ機の販売やリゾート施設運営などを直撃。11月6日に発表した2020年4〜9月期の営業利益は30億円の赤字(前年同期は146億円の黒字)に沈んだ。

見直しは不可避だった

赤字転落に伴い、セガサミーHDは構造改革委員会を立ち上げ、固定費などを見直している。中でも臨時休業などで集客が低迷しているゲームセンター事業の見直しは避けられなかった。同事業は売上高がほぼ半減し、4〜9月期は27億円の営業赤字(前年同期は19億円の黒字)となった。事業を継続するにしても大幅な店舗削減が必要だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内