復活の丸亀製麺、高単価品が全国CMでヒット

今後は継続的な商品開発力が課題に

武井壮を起用した全国CM

CMをきっかけに伸び悩んでいた売り上げが勢いを取り戻す――。讃岐うどん専門店の「丸亀製麺」がタレントの武井壮さんを起用したCMはそのもっとも新しい例かもしれない。

丸亀製麺を運営会社するトリドールが1月7日に発表した2014年12月の既存店売上高は、客数が前年同月比で6.8%増、客単価も3.7%増と伸びて、売上高は10.8%と2ケタ増となった。昨年8月以来、5カ月連続で2ケタ増ペースを維持する好調ぶりだ。

低価格セルフ式うどんの丸亀製麺は毎年100店舗を超えるスピード出店で、一躍うどんブームを作り出した。運営会社のトリドールは06年2月に株式を上場。上場前の05年3月期には売上高51億円、営業利益2.9億円に過ぎなかった業容は、13年3月期には売上高709億円、営業利益70.4億円にまで急拡大した。

「高単価×全国CM」で勝負に出た

ところが、店舗数が700を超えた前14年3月期に入ると、既存店売り上げの鈍化が目立つようになる。自社店舗の商圏同士が重なり合って共食いを起こす「自社競合」の影響が大きくなってきたためだ。また13年5月に発生した「ざるうどん」の「ざる」裏の衛生問題、14年2月の大雪がそれぞれ一時的にせよ客足に響いた。売り上げの伸び悩みに経費増も加わり、14年3月期の営業利益は50億円と大きく反落。今期に入っても、14年4月~6月の既存店の月次売上高は前年同月比8.3%減、4.2%減、6.8%減と前年同月を大きく割り込む状態が続いていた。

次ページ客数が顕著に増加
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT