有料会員限定

「盟主」奪還へ再エネ倍増 Part1 大転換の商社ビジネス|三菱商事×脱炭素

印刷
A
A

トップから4位に転落した三菱商事。看板の「総合力」を再生できるか。

欧州では三菱商事や住友商事などが洋上風力プロジェクトに参画し、知見を蓄積している(写真:©エネコ)

特集「商社大転換」の他の記事を読む

長年、業界の盟主だった三菱商事が利益首位から転落した。2021年3月期の純利益は1725億円と、「万年5位」の丸紅にも抜かれ4位となった。

最大の要因は豪州の原料炭事業だ。毎年、1000億円程度の利益貢献をしてきたが、21年3月期は約100億円にとどまった。豪州・中国間の関係悪化を背景に原料炭価格は不安定な状況が続く。

ただ、要因はそれだけではない。子会社であるコンビニのローソンで、のれんや無形資産の減損を836億円計上したのも大きかった。さらに、これまで同社が得意としてきた自動車関連、LNG(液化天然ガス)事業が軒並み落ち込んでいる。

三菱商事の看板は「総合力」。資源価格低迷などの逆風の中でも、機械や食料など非資源部門がしっかり支えるというポートフォリオは他社にまねのできないものだった。今回、全方位の収益低下で、その看板が揺らいでいる。

22年3月期も伊藤忠商事は純利益5500億円、三井物産も4600億円を計画し、それぞれ最高益となる見通しだ。それに対して、三菱商事は3800億円の利益計画にとどまる。垣内威彦社長が巡航速度とする5000億円の水準に戻ったとしても、他社と大きな差はつかない。これまで圧倒的首位だった三菱商事の利益を実現してきたポートフォリオが劣化を始めているのではないか──。そんな懸念を抱かせる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
商社大転換
OB起業家からの提言
就活生必読! 採用から出世の掟まで
匿名座談会
Part2 岐路に立つ人と組織
商社と学閥
丸紅×代替タンパク
インタビュー/丸紅 社長 柿木真澄
住友商事×5G
インタビュー/住友商事 社長 兵頭誠之
トップアナリストが斬る
インタビュー/伊藤忠商事 社長COO 石井敬太
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
三井物産×宇宙
伊藤忠×デジタル化
問われる気候変動対策
インタビュー/三菱商事 社長 垣内威彦
Part1 大転換の商社ビジネス|三菱商事×脱炭素
12年目の伊藤忠トップ岡藤正広氏が警鐘
商社 大転換
最新序列と激変するビジネス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内