有料会員限定

資源一本足脱却へ種まき 三井物産×宇宙

印刷
A
A

資源に強い三井物産。だがフロンティア領域への投資も惜しまない。

買収した米宇宙ベンチャーは、人工衛星のマッチングで高い実績(写真:三井物産)

特集「商社大転換」の他の記事を読む

「3位物産」。三井物産が、こんな不本意なニックネームをようやく返上した。

総合商社の元祖である三井物産は長らく三菱商事と並ぶツートップだった。ところが、この数年は伊藤忠商事の台頭により、純利益や時価総額で業界3位のポジションが定着していた。

ようやくその状況を打開したのは2021年3月期。純利益はコロナ禍の影響で前期比14%減だったが、3354億円という額は伊藤忠に次ぐ業界2位だ。22年3月期は4600億円(前期比37%増)を稼ぐ計画で、これは過去最高水準と、やはり伊藤忠に次ぐ2位の見通しだ。さらに上振れする余地もあると株式市場ではみられている。

三井物産の業績が浮上する原動力となったのが最近の資源高だ。4600億円の7割弱を鉄鉱石や原油、天然ガスといった資源事業が稼ぐことになる。

同社では資源事業の貢献次第で大きく業績が揺れ動くのが習い。そのため業界内で「資源一本足打法」と揶揄されてきた。

市況が追い風ならば、資源事業は多大な利益をもたらしてくれるが、ひとたび逆風が吹けば減損リスクが顕在化する。15年度決算では資源安が響き834億円の最終損失を計上、設立以来初となる赤字に沈んだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
商社大転換
OB起業家からの提言
就活生必読! 採用から出世の掟まで
匿名座談会
Part2 岐路に立つ人と組織
商社と学閥
丸紅×代替タンパク
インタビュー/丸紅 社長 柿木真澄
住友商事×5G
インタビュー/住友商事 社長 兵頭誠之
トップアナリストが斬る
インタビュー/伊藤忠商事 社長COO 石井敬太
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
三井物産×宇宙
伊藤忠×デジタル化
問われる気候変動対策
インタビュー/三菱商事 社長 垣内威彦
Part1 大転換の商社ビジネス|三菱商事×脱炭素
12年目の伊藤忠トップ岡藤正広氏が警鐘
商社 大転換
最新序列と激変するビジネス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内