有料会員限定

商人なら外に飛び出せ! OB起業家からの提言

印刷
A
A

出身者だからこそ言える、商社の課題とこれからの働き方。

画一的なキャリアがなくなる中、商社員は活躍のフィールドをどこに求めたらいいのか。商社から独立し活躍する、3人のOBが贈るメッセージ。

住友商事OB|LIXIL 社長 兼 CEO 瀬戸欣哉

せと・きんや 1983年住友商事入社、鉄鋼部門に配属。2000年にMonotaRoの前身である住商グレンジャーを創業し、翌年代表取締役社長に就任。16年にLIXIL代表取締役社長兼CEO、18年にCEO退任後、19年に復帰。(撮影:今井康一)

特集「商社大転換」の他の記事を読む

総合商社はよくコングロマリットディスカウント(複数の産業部門を持つことで企業価値が低くなること)と批判されるけど、だからここまで生き延びられてきた側面もある。そして各部門で急な坂を上っていくために、優秀な人材をそろえて頑張ってきた。

今の商社はトレードではなく事業経営で儲けている。投資先に人を出して、トップでなくともナンバーツーとして経営に参画することはよくある。それを何回か繰り返すとやはり能力は上がる。

ただ、日本のいちばん優秀な人材が商社に集中しているのは、日本全体として「ちょっともったいないな」という考え方もある。5年くらい経ったら外に出してあげるというのも十分ありだと思う。

個人的に自分の能力が最も高かった時期は10〜15年前。住友商事の鉄鋼部門から米国のビジネススクールに行き、40歳でMonotaROの前身企業である住商グレンジャーを創業してからだ。社長業ほど能力を伸ばせることはほかにない。そうした機会を(若い商社員にも)どんどん与えて、うまくいったらもう1回、ダメだったら「もうちょっと勉強して」ということがあっていい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
商社大転換
OB起業家からの提言
就活生必読! 採用から出世の掟まで
匿名座談会
Part2 岐路に立つ人と組織
商社と学閥
丸紅×代替タンパク
インタビュー/丸紅 社長 柿木真澄
住友商事×5G
インタビュー/住友商事 社長 兵頭誠之
トップアナリストが斬る
インタビュー/伊藤忠商事 社長COO 石井敬太
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
三井物産×宇宙
伊藤忠×デジタル化
問われる気候変動対策
インタビュー/三菱商事 社長 垣内威彦
Part1 大転換の商社ビジネス|三菱商事×脱炭素
12年目の伊藤忠トップ岡藤正広氏が警鐘
商社 大転換
最新序列と激変するビジネス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内