有料会員限定

「未来の食」に布石を打つ 丸紅×代替タンパク

印刷
A
A

大型投資の失敗を反省。食の技術を開拓し、着実な成長を目指す。

ふたを開けると、過去2番目の好決算だった。丸紅の2021年3月期決算は、コロナ禍にもかかわらず純利益2253億円を稼いだ。敵失もあったとはいえ、純利益で業界3位に躍り出た。

ただ、前20年3月期は手痛い目に遭った。石油・ガス開発事業や米国の穀物事業ガビロンなどで約4200億円の一過性損失を計上。過去最大となる1974億円の最終赤字を出した。丸紅の業績は、大型案件の失敗に振り回されてきたという厳しい見方もある。

13年に過去最大の約2700億円を投じて買収したガビロンは、長年中国での販売不振や市況悪化に悩まされ、14年度に480億円、19年度に783億円と減損を繰り返した。寺川彰副社長は「私たちの反省はやはり高く買ったことだ。これに尽きる」と振り返る。

大型投資の失敗が響き、財務基盤を毀損。他商社が成長投資と高額配当に励む一方で、近年の丸紅は財務改善に注力する「守りの経営」をせざるをえなかった。そうしたツケのせいか、丸紅へのマーケットの評価は芳しくない。時価総額では、豊田通商に抜かれて「6番手」が定着しつつある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
商社大転換
OB起業家からの提言
就活生必読! 採用から出世の掟まで
匿名座談会
Part2 岐路に立つ人と組織
商社と学閥
丸紅×代替タンパク
インタビュー/丸紅 社長 柿木真澄
住友商事×5G
インタビュー/住友商事 社長 兵頭誠之
トップアナリストが斬る
インタビュー/伊藤忠商事 社長COO 石井敬太
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
三井物産×宇宙
伊藤忠×デジタル化
問われる気候変動対策
インタビュー/三菱商事 社長 垣内威彦
Part1 大転換の商社ビジネス|三菱商事×脱炭素
12年目の伊藤忠トップ岡藤正広氏が警鐘
商社 大転換
最新序列と激変するビジネス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内