商社 大転換 最新序列と激変するビジネス

印刷
A
A

脱炭素、デジタル化の大波によって商社の根幹を成すビジネスモデルが揺らぐ中、5大商社はどこへ向かうのか。最新序列と激変するビジネスの最前線に迫る。

コロナ禍という異常事態の下、5月上旬に出そろった5大商社の2021年3月期本決算は明暗が分かれた。

商社業界の盟主である三菱商事は、豪州原料炭事業の不調やローソンの減損などで純利益1725億円と前年同期比7割弱の大幅減、4番手に陥落した。住友商事はアフリカのニッケル鉱山をはじめとした複数大型案件の減損損失で、過去最大となる1530億円の最終赤字に転落。一方、かつて万年4位といわれた伊藤忠商事が純利益と時価総額で初の商社トップに浮上。不動とみられてきた5社の序列が大転換を見せている。

もっとも今22年3月期は足元で歴史的な高値をつけている鉄鉱石、銅市況などを追い風に、各社とも業績のV字回復を見込む。カネ余りと業績回復への期待で、足元の5社合計の時価総額は08年リーマンショック直前の水準に並ぶ18兆円台に乗せる。

特集「商社大転換」の他の記事を読む

だが各商社のトップに高揚感はない。伊藤忠の岡藤正広会長CEOは「得意の時こそ危ない。業績がよくなるとすぐ慢心してずっこけるのが伊藤忠の歴史」と社内を引き締める。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
商社大転換
OB起業家からの提言
就活生必読! 採用から出世の掟まで
匿名座談会
Part2 岐路に立つ人と組織
商社と学閥
丸紅×代替タンパク
インタビュー/丸紅 社長 柿木真澄
住友商事×5G
インタビュー/住友商事 社長 兵頭誠之
トップアナリストが斬る
インタビュー/伊藤忠商事 社長COO 石井敬太
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
三井物産×宇宙
伊藤忠×デジタル化
問われる気候変動対策
インタビュー/三菱商事 社長 垣内威彦
Part1 大転換の商社ビジネス|三菱商事×脱炭素
12年目の伊藤忠トップ岡藤正広氏が警鐘
商社 大転換
最新序列と激変するビジネス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内