有料会員限定

5社をキャラで分析 ますます際立つ商社の社風と実力 Part2 岐路に立つ人と組織

印刷
A
A

総合商社を取り巻く環境が転換点を迎える中、これまで不動とみられてきた5社の序列も変わりつつある。かつて万年業界4位といわれてきた伊藤忠商事が、純利益のみならず時価総額でも財閥系商社の三菱商事、三井物産を追い抜いたのだ。

5大商社の得意分野や実力は、長い歴史を持つ各社の個性と大きく結び付いている。本稿では、実際に商社員と名刺交換したことがある取引先などのステークホルダーへ企業印象調査を行ったSansanと連携し、各社の特徴を表す単語をワードクラウドの形式で抽出。それぞれ強烈なカラーを持つ5社の個性を戦隊ヒーローに例えてイラストで表現した。これを絵解きすることで5大商社の社風と実力をご案内したい。

一目瞭然!5大商社の特徴を見える化したら

特集「商社大転換」の他の記事を読む

(注)純利益は2021年3月期と22年3月期予想。従業員数は単体、20年3月末時点。時価総額、PBRは5月14日終値。▲はマイナス。ワードクラウドはSansanの企業ブランド調査「Eight Company Score」から自由記述文のワードを抽出。文字の大きさは頻出度に比例

強烈な個性が業績牽引

財閥系商社を押しのけ、ダークホースとして商社の新たな顔となったのが伊藤忠商事だ。その社風を一言で表すなら「カネにうるさい関西の商人(あきんど)」。財閥系商社と異なり、大口顧客である電力・鉄鋼会社とのパイプが弱く、資源権益で大儲けをできなかった。その分、祖業の繊維やファミリーマートをはじめとした生活産業、中国での事業展開などに強みを持ち、非資源ビジネスで強力な地歩を築いた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
商社大転換
OB起業家からの提言
就活生必読! 採用から出世の掟まで
匿名座談会
Part2 岐路に立つ人と組織
商社と学閥
丸紅×代替タンパク
インタビュー/丸紅 社長 柿木真澄
住友商事×5G
インタビュー/住友商事 社長 兵頭誠之
トップアナリストが斬る
インタビュー/伊藤忠商事 社長COO 石井敬太
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
三井物産×宇宙
伊藤忠×デジタル化
問われる気候変動対策
インタビュー/三菱商事 社長 垣内威彦
Part1 大転換の商社ビジネス|三菱商事×脱炭素
12年目の伊藤忠トップ岡藤正広氏が警鐘
商社 大転換
最新序列と激変するビジネス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内