有料会員限定

「残り時間はわずか、製造とデジタルの複合急げ」 インタビュー/一橋大学 CFO教育研究センター長 伊藤邦雄

印刷
A
A
いとう・くにお 1951年生まれ。75年一橋大学商学部卒業。92年同大教授。2015年から現職。中央大学大学院戦略経営研究科特任教授を兼務。三菱商事や東京海上ホールディングス、住友化学などの社外取締役を歴任。現在、小林製薬、東レ、セブン&アイ・ホールディングスの社外取締役。14年に公表した「伊藤レポート」で時の人に。(撮影:今井康一)

特集「三菱重工と日立 製造立国の岐路」の他の記事を読む

転換期にある日本のものづくり企業において、大切なことは何か。数多くの企業に提言してきた御意見番に聞いた。

──製造立国・日本が岐路に立っています。

ものづくり自体が21世紀になって要らなくなったわけではない。独シーメンスだってものづくりを続けているし、米テスラも車載電池を自分たちで作ろうとしている。ただ、ものづくりだけでは豊かなキャッシュを創出できない。スマート工場など、ものづくりにデジタルを徹底的に掛け合わせる必要がある。

日本のものづくり企業では、日立製作所が社会システムのデジタル化をIoT基盤「ルマーダ」の横串で実現するという明確なビジョンを持って変身した。逆にビジョンや目標をはっきりさせないと、デジタルや人工知能といったこれからの時代を担う分野の人材を集められない。

──日本のものづくりにはまだチャンスがあるでしょうか。

日本企業はもともと、高度なすり合わせ力に裏付けられたマニュファクチャリング(製造)が得意だ。ただ、今後もそれに依存しすぎるのは危険だ。デジタル化とサステナビリティ(持続可能性)の時代の今、どう柔軟に適合できるかを示さないといけない。企業がサステナビリティについてコミット(公約)して地歩を固められれば、投資家からの評価も得られるはずだ。テスラの株式時価総額が、(売上高でテスラを圧倒する)トヨタ自動車の2倍強となっているのは、デジタル化とサステナビリティへの評価が掛け算となって上昇しているからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱重工と日立 製造立国の岐路
川崎重工業|新社長が矢継ぎ早の大変革
IHI|航空機エンジンと並ぶ柱探る
「苦悶する」ものづくり企業|東芝
インタビュー/日立製作所 社長兼CEO 東原敏昭
「御三家」売却検討、車載は巨大化
インタビュー/日立製作所 副社長 小島啓二
過去最大1兆円で送配電買収
Part2 日立は脱製造業へ|「レッツ! ルマーダ」が合言葉
インタビュー/日立製作所副社長 塩塚啓一
工場跡地にベンチャー企業をスカウト
インタビュー/三菱重工業執行役員 古屋孝明
世界最高技術でもコスト高
日本支える防衛産業の呪縛
覆面座談会
日本各地に多種多様な工場
インタビュー/三菱パワー 社長 河相 健
稼ぎ頭も戦略見直し対象に
創業150年を迎えた名門
キャッシュフロー重視へ転換
Part1 袋小路の三菱重工|社運懸けた1兆円投資が水の泡
インタビュー/一橋大学 CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
三菱重工と日立 製造立国の岐路
明暗分かれた重厚長大の両雄
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内