有料会員限定

「脱自前」で新事業に挑む 工場跡地にベンチャー企業をスカウト

印刷
A
A

新領域開拓へ、横浜のオープンラボでベンチャーとの協業を強化する。

既存事業の行き詰まりが見える中、新領域の開拓は待ったなしの課題だ。

発電設備や防衛、宇宙機器といった三菱重工が得意とする技術には、過酷な環境で高精度、高信頼性を確保しながら動かす、ほかにはまねできないものも多い。こうした既存技術を新領域に生かすには、ベンチャー企業など外部の力を取り込み、今までになかった発想を生み出す必要がある。そのためのオープンラボが2020年10月に本格始動した。

羽田空港から車で30分。横浜港の工業地帯にある三菱重工・本牧工場内、かつてガスタービンの部品を作っていた工場跡地を活用した「横浜ハードテックハブ(YHH)」だ。作業スペースをベンチャー企業に貸し出し、新たなイノベーション創出を狙う。

本牧工場内に開設したオープンラボ「横浜ハードテックハブ」。大型設備の搬入もできるのが特徴だ(写真:三菱重工)

特集「三菱重工と日立 製造立国の岐路」の他の記事を読む

日立製作所が中央研究所内に開設した「協創の森」など類似の施設は他社にもある。だが、特筆すべきは設備の規模だ。高さが10メートル以上ある巨大な建屋は大型の機械設備を搬入可能で、厚さ45センチメートルのコンクリート床は大きな振動にも耐えられる。危険物の取り扱いも可能で、高圧電源やクレーンも用意されている。工業地帯のど真ん中にあるため、騒音を気にせずに24時間利用できることも強みだ。これだけの施設を新設すると数百億円規模の資金が必要になる。担当者は「重工型の技術を『ハードテック』とした。これだけの設備を持つオープンラボはほかにはない」と胸を張る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱重工と日立 製造立国の岐路
川崎重工業|新社長が矢継ぎ早の大変革
IHI|航空機エンジンと並ぶ柱探る
「苦悶する」ものづくり企業|東芝
インタビュー/日立製作所 社長兼CEO 東原敏昭
「御三家」売却検討、車載は巨大化
インタビュー/日立製作所 副社長 小島啓二
過去最大1兆円で送配電買収
Part2 日立は脱製造業へ|「レッツ! ルマーダ」が合言葉
インタビュー/日立製作所副社長 塩塚啓一
工場跡地にベンチャー企業をスカウト
インタビュー/三菱重工業執行役員 古屋孝明
世界最高技術でもコスト高
日本支える防衛産業の呪縛
覆面座談会
日本各地に多種多様な工場
インタビュー/三菱パワー 社長 河相 健
稼ぎ頭も戦略見直し対象に
創業150年を迎えた名門
キャッシュフロー重視へ転換
Part1 袋小路の三菱重工|社運懸けた1兆円投資が水の泡
インタビュー/一橋大学 CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
三菱重工と日立 製造立国の岐路
明暗分かれた重厚長大の両雄
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内