有料会員限定

官需への依存続くロケット 世界最高技術でもコスト高

印刷
A
A

三菱のロケットは官需頼み。世界中で需要が増える民需に対応できるか。

種子島宇宙センターから打ち上げられる「H2A」。打ち上げは43回中42回成功(写真:三菱重工)

特集「三菱重工と日立 製造立国の岐路」の他の記事を読む

98.1%──。三菱重工が運用してきたロケット「H2A」と「H2B」の2機種を合わせた打ち上げ成功率は、信頼性の世界水準である95%を上回る。とくに2020年5月に最終機を打ち上げたH2Bは成功率100%を達成。有終の美を飾った。

両機種とも同社が宇宙航空研究開発機構(JAXA)と開発した日本の基幹ロケットだ。ロケットに必要な主要技術をすべて国内開発した「H2」は成功率71.4%と産みの苦しみを味わったが、改良型のH2Aでようやく国産ロケットの技術力の高さを示した。

三菱重工の航空・防衛・宇宙セグメントの20年3月期の売上高は7049億円。詳細は非開示だが、同社やJAXAの関係者らは「ロケット関連の売り上げ規模は1000億円程度で損益は黒字」と話す。航空関連事業がコロナ禍で苦戦しているほか、防衛関連事業も時期によって受注にばらつきがある。その中でロケットなどの宇宙関連事業は安定した支えといえる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱重工と日立 製造立国の岐路
川崎重工業|新社長が矢継ぎ早の大変革
IHI|航空機エンジンと並ぶ柱探る
「苦悶する」ものづくり企業|東芝
インタビュー/日立製作所 社長兼CEO 東原敏昭
「御三家」売却検討、車載は巨大化
インタビュー/日立製作所 副社長 小島啓二
過去最大1兆円で送配電買収
Part2 日立は脱製造業へ|「レッツ! ルマーダ」が合言葉
インタビュー/日立製作所副社長 塩塚啓一
工場跡地にベンチャー企業をスカウト
インタビュー/三菱重工業執行役員 古屋孝明
世界最高技術でもコスト高
日本支える防衛産業の呪縛
覆面座談会
日本各地に多種多様な工場
インタビュー/三菱パワー 社長 河相 健
稼ぎ頭も戦略見直し対象に
創業150年を迎えた名門
キャッシュフロー重視へ転換
Part1 袋小路の三菱重工|社運懸けた1兆円投資が水の泡
インタビュー/一橋大学 CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
三菱重工と日立 製造立国の岐路
明暗分かれた重厚長大の両雄
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内