有料会員限定

国産初ジェット失敗の必然 Part1 袋小路の三菱重工|社運懸けた1兆円投資が水の泡

印刷
A
A

開発凍結の「スペースジェット」。協力会社の不満は限界にきていた。

スペースジェット「M90」。需要増が見込める座席数90席クラスのジェット旅客機だった(写真:三菱航空機)

特集「三菱重工と日立 製造立国の岐路」の他の記事を読む

「『スペースジェット』の仕事はもう来るものとは思わないでほしい」

2020年11月、名古屋市にある三菱重工の航空機関連拠点では、それまで三菱重工を支えてきた取引先メーカーの幹部が一堂に集められていた。そこで三菱重工の担当部長は非情にもそう通告。当日会場にいた、あるサプライヤー幹部は「やっぱりそうか」と、肩を落とすしかなかったという。

陸海空で戦後ニッポンを支えてきた三菱重工。同社が威信を懸けて目指したのが国産初のジェット旅客機だった。08年の全日本空輸(ANA)からの大量注文を受けて、子会社の三菱航空機を設立し事業化を決定した際、初号機の納入は13年後半を予定。日本が独自の旅客機を開発するのは、プロペラ機「YS11」以来約50年ぶりで、国も後押ししていた。

だが、夢は暗転した。設計変更や工程見直しなどで6度延期を繰り返し、予定から7年以上過ぎても商用飛行ができないまま、開発凍結に追い込まれた。三菱重工の泉澤清次社長は昨年10月の記者会見で「開発状況と市場環境を踏まえ、M90(スペースジェット、90席)の開発活動はいったん立ち止まる」と、言葉を一つひとつ選びながら慎重に話した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱重工と日立 製造立国の岐路
川崎重工業|新社長が矢継ぎ早の大変革
IHI|航空機エンジンと並ぶ柱探る
「苦悶する」ものづくり企業|東芝
インタビュー/日立製作所 社長兼CEO 東原敏昭
「御三家」売却検討、車載は巨大化
インタビュー/日立製作所 副社長 小島啓二
過去最大1兆円で送配電買収
Part2 日立は脱製造業へ|「レッツ! ルマーダ」が合言葉
インタビュー/日立製作所副社長 塩塚啓一
工場跡地にベンチャー企業をスカウト
インタビュー/三菱重工業執行役員 古屋孝明
世界最高技術でもコスト高
日本支える防衛産業の呪縛
覆面座談会
日本各地に多種多様な工場
インタビュー/三菱パワー 社長 河相 健
稼ぎ頭も戦略見直し対象に
創業150年を迎えた名門
キャッシュフロー重視へ転換
Part1 袋小路の三菱重工|社運懸けた1兆円投資が水の泡
インタビュー/一橋大学 CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
三菱重工と日立 製造立国の岐路
明暗分かれた重厚長大の両雄
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内