三菱重工と日立 製造立国の岐路 明暗分かれた重厚長大の両雄

印刷
A
A

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後に両社がたどった明暗から、製造立国・日本の生きる道を探った。

本誌:冨岡 耕、高橋玲央

週刊東洋経済 2021年1/23号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「三菱重工と日立 製造立国の岐路」の他の記事を読む

「日立・三菱重工 統合へ」──。約10年前の2011年8月4日の日本経済新聞1面。日本の製造業を代表する総合電機と総合重工業の両トップが13年春に新会社を設立し、発電プラントから鉄道システム、産業機械、IT(情報技術)まで網羅する世界最大規模の総合インフラ企業が誕生するというスクープ記事だった。

11年3月の未曾有の東日本大震災で傷ついていた日本の産業界。当時は国際競争力強化には国内企業の再編が必要との認識が多く、両社の動きを歓迎する声が政官財から相次いだ。しかし、同日午後に発表されるとの報道だったが、実現しなかった。両社はその後も主導権などをめぐり対立し、統合構想はあえなく破談となった。

11年8月4日の日本経済新聞の紙面

時価総額は日立が倍増

それは日本の製造業の岐路でもあった。両社はそれまで国内の電力や通信の成長に合わせて伸びる“GDP(国内総生産)企業”の象徴だった。だが、国内は震災で電力不足となり、世界も中国の台頭やデジタル化の進行で大きく変化する中、ビジネスモデルを変える必要が出ていた。破談によって変身を速めた日立製作所と、変身できない三菱重工業。両社はまさに対照的な道を歩む。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱重工と日立 製造立国の岐路
川崎重工業|新社長が矢継ぎ早の大変革
IHI|航空機エンジンと並ぶ柱探る
「苦悶する」ものづくり企業|東芝
インタビュー/日立製作所 社長兼CEO 東原敏昭
「御三家」売却検討、車載は巨大化
インタビュー/日立製作所 副社長 小島啓二
過去最大1兆円で送配電買収
Part2 日立は脱製造業へ|「レッツ! ルマーダ」が合言葉
インタビュー/日立製作所副社長 塩塚啓一
工場跡地にベンチャー企業をスカウト
インタビュー/三菱重工業執行役員 古屋孝明
世界最高技術でもコスト高
日本支える防衛産業の呪縛
覆面座談会
日本各地に多種多様な工場
インタビュー/三菱パワー 社長 河相 健
稼ぎ頭も戦略見直し対象に
創業150年を迎えた名門
キャッシュフロー重視へ転換
Part1 袋小路の三菱重工|社運懸けた1兆円投資が水の泡
インタビュー/一橋大学 CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
三菱重工と日立 製造立国の岐路
明暗分かれた重厚長大の両雄
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内