通貨経済学入門 宿輪純一著

通貨経済学入門 宿輪純一著

長らく続く日本の低金利・株安で、FXや外債、新興国株などでの資産運用への関心が高まっている。こうした資産運用を考える上でも身につけておきたいのが、通貨・為替に関する知識だ。
 
 本書は、通貨制度に関する解説書。為替相場と金利、通貨制度と金融政策の関係など、基本的な知識をやさしく学ぶことができる。
 
 現在、景気が低迷する米国は歴史的な低金利政策を続けており、このことが中国など新興国のバブルとインフレを招き、世界経済の新たな不安要素となっている。本書は、そうしたグローバル経済の状況を、制度的・理論的な背景から理解するうえでも助けとなる。

日本経済新聞出版社 2625円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。