通貨経済学入門 宿輪純一著

通貨経済学入門 宿輪純一著

長らく続く日本の低金利・株安で、FXや外債、新興国株などでの資産運用への関心が高まっている。こうした資産運用を考える上でも身につけておきたいのが、通貨・為替に関する知識だ。
 
 本書は、通貨制度に関する解説書。為替相場と金利、通貨制度と金融政策の関係など、基本的な知識をやさしく学ぶことができる。
 
 現在、景気が低迷する米国は歴史的な低金利政策を続けており、このことが中国など新興国のバブルとインフレを招き、世界経済の新たな不安要素となっている。本書は、そうしたグローバル経済の状況を、制度的・理論的な背景から理解するうえでも助けとなる。

日本経済新聞出版社 2625円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT