通貨経済学入門 宿輪純一著

通貨経済学入門 宿輪純一著

長らく続く日本の低金利・株安で、FXや外債、新興国株などでの資産運用への関心が高まっている。こうした資産運用を考える上でも身につけておきたいのが、通貨・為替に関する知識だ。
 
 本書は、通貨制度に関する解説書。為替相場と金利、通貨制度と金融政策の関係など、基本的な知識をやさしく学ぶことができる。
 
 現在、景気が低迷する米国は歴史的な低金利政策を続けており、このことが中国など新興国のバブルとインフレを招き、世界経済の新たな不安要素となっている。本書は、そうしたグローバル経済の状況を、制度的・理論的な背景から理解するうえでも助けとなる。

日本経済新聞出版社 2625円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。