有料会員限定

トヨタ・デンソーが総力戦 次世代車向け半導体開発で合弁

印刷
A
A

CASE時代の車は半導体がカギを握る。トヨタの半導体戦略とは。

世界のモビリティに革新を与える半導体の開発を行い、未来を進化させていく──。こんな大きなミッションを背負い、今年4月に始動したのがミライズ テクノロジーズだ。

次世代車載半導体の研究開発を行う新会社で、出資比率はトヨタ自動車が49%、デンソーが51%。デンソーの先端技術研究所(愛知県日進市)の中に主力拠点を構え、2社から出向した250人ずつが働く。自動車業界では自動運転や電動化など「CASE」と呼ばれる次世代技術が台頭。「CASEの技術革新では電子部品が重要なカギを握る」というトヨタの豊田章男社長の強い問題認識が、ミライズの発足につながった。

特集「半導体狂騒曲」の他の記事を読む

新会社が得意とするのが、電力変換や電力制御に使われる「パワー半導体」。ハイブリッド車(HV)の中核部品であるパワーコントロールユニット(PCU)などに多く用いられ、HVや電気自動車(EV)の燃費(電費)性能を左右する電子部品だ。トヨタのHVの燃費性能は世界トップだが、PCUに搭載されるパワー半導体の性能にもその一因がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
半導体狂騒曲
インタビュー/識者が読む半導体の地政学
インタビュー/中国に渡った元エルピーダ社長
日本優位の材料に迫る影
米国新工場の見返りは何か
ファーウェイ禁輸の苛烈
第2部|米中半導体戦争
今後の注目点は?
『会社四季報』最新号でランキング
3トップが激白!|SCREENホールディングス 社長 廣江敏朗
3トップが激白!|SUMCO 会長兼CEO 橋本眞幸
3トップが激白!|レーザーテック 社長 岡林 理
EUV露光装置で地殻変動
半導体製造工程を全解剖
次世代車向け半導体開発で合弁
スバルの新世代「アイサイト」
薄れる王者インテルの強み
インタビュー/米半導体2トップを直撃(1)
インタビュー/米半導体2トップを直撃(2)
ソフトバンクグループからアーム買収
国産CPUが世界首位に
「富岳」の開発責任者に聞く/理化学研究所 松岡 聡
Q&Aでわかる!
売れないキオクシア株
Part1|日本勢は生き残れるか
半導体狂騒曲
黒子から主役へ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内