有料会員限定

半導体関連の有望会社を探せ! 『会社四季報』最新号でランキング

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小
会社四季報 2020年4集秋号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「半導体狂騒曲」の他の記事を読む

テレワークの常態化によるPCやサーバーなどの需要拡大、さらに5Gの商用化で、主要半導体関連企業の株価に追い風が吹いている。米インテル、米マイクロン・テクノロジー、台湾TSMCなど主要な半導体関連企業30社で構成される米国のフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は、9月2日に2370ポイントと史上最高値を更新。その後は一時下落したが、10月9日に再び高値を更新した。

では、国内の大手半導体関連企業についてはどうか。大手の株価動向を見ると、製造装置の世界大手である東京エレクトロンや半導体ウェハーで世界首位の信越化学工業は年初比で約2割上昇。研磨装置などの大手ディスコの株価も直近の出荷額速報などを受け急騰。SCREENホールディングスなど年初比で下落している会社もあるが、総じて堅調といえるだろう。

下表は、日経平均株価が取引時間中に年初来高値をつけた1月17日終値からの、半導体関連企業の直近時価総額(=株価)増加率のランキングだ。『会社四季報』で「半導体」「アナログIC」「システムLSI」「EUV」「微細化」「ウェハー」「フォトレジスト」「フォトマスク」などの市場テーマを設定している、広義の半導体関連会社を対象にしている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
半導体狂騒曲
インタビュー/識者が読む半導体の地政学
インタビュー/中国に渡った元エルピーダ社長
日本優位の材料に迫る影
米国新工場の見返りは何か
ファーウェイ禁輸の苛烈
第2部|米中半導体戦争
今後の注目点は?
『会社四季報』最新号でランキング
3トップが激白!|SCREENホールディングス 社長 廣江敏朗
3トップが激白!|SUMCO 会長兼CEO 橋本眞幸
3トップが激白!|レーザーテック 社長 岡林 理
EUV露光装置で地殻変動
半導体製造工程を全解剖
次世代車向け半導体開発で合弁
スバルの新世代「アイサイト」
薄れる王者インテルの強み
インタビュー/米半導体2トップを直撃(1)
インタビュー/米半導体2トップを直撃(2)
ソフトバンクグループからアーム買収
国産CPUが世界首位に
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内