有料会員限定

絶好調企業4社の実力 株価爆騰後を見通す

印刷
A
A

投資家注目の主力銘柄が相次いで高値に迫っている。その実力を検証する。

「20年ぶりの高値をつけたソフトバンクグループ」「19年ぶり高値のソニー」「12年ぶり高値の任天堂」……。今夏、投資家注目の主力銘柄は相次いで久しぶりの高株価をつけた。また、直近9月10日の時価総額ランキングでは3位にキーエンスが食い込んでいる。驚異の高収益企業で、株価は毎年のように最高値を更新している。これら株価爆騰4社の実力を検証していこう。

ソフトバンクグループ|相次ぐ巨額売却で非上場化の議論再燃

投資運用の新会社には孫社長自身も出資する(撮影:尾形文繁)

特集「コロナ時代の株入門」の他の記事を読む

ソフトバンクグループ(SBG)の株価は、3月中旬の年初来安値から2倍以上も上昇した。背景にあるのは4.5兆円分の保有資産を売却・資金化する計画を3月に発表したこと。当初は1年かけて実行する予定だったが、8月までに4.3兆円分のメドをつけた。うち2.2兆円はすでに自社株買いや負債の返済に充てられている。

SBGは今や投資会社だ。株価を左右するのは、中国アリババ集団や米Tモバイル、ソフトバンク、英半導体のアームホールディングス、そしてソフトバンク・ビジョン・ファンドといった、約27兆円に上る保有資産の価値の動向だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ時代の株入門
注目株7 今期配当利回りランキング
注目株6 連続増配年数ランキング
注目株5 増収増益の連続年数ランキング
注目株4 過去最高益を何年ぶりに更新するかでランキング
注目株3 会社計画比乖離率ランキング
注目株2 最高益更新率ランキング
注目株1 今期経常利益予想の上方修正率ランキング
株価爆騰後を見通す
売られすぎ銘柄を探せ
STEP3 四季報ランキング
証券セールスの裏側を知る
基礎6 手数料や便利さを総点検
基礎5 株主優待の醍醐味を満喫
基礎4 海外株を資産に組み入れるには
基礎3 『会社四季報』を使いこなす
基礎2 買うタイミングはこう探す
STEP2 株式投資6つの基礎|基礎1 株式投資の魅力と始め方
節税こそが運用で勝つ近道
物流施設人気は続くのか
分散投資の効果は「幻想」
強気派・慎重派に聞く、株価はどこまで上がるか
強気派・慎重派に聞く、株価はどこまで上がるか
強い企業がより強く、弱い企業がより弱く。コロナ後は二極化が加速する
個人投資家6000人アンケートで判明、今が好機!運用を積極化
STEP1 資産運用超入門
コロナ時代の株入門
会社四季報 秋号公式「トクする銘柄」ガイド
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内