個人投資家6000人アンケートで判明、今が好機!運用を積極化 STEP1 資産運用超入門

✎ 1〜 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 25
印刷
A
A

在宅時間の増加など生活環境の変化を受けて、多くの人が投資に前向きだ。

イラスト:タナカケンイチロウ

特集「コロナ時代の株入門」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年9/26号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

「企業の実力とは関係なく株価が下がっていたので『今なら儲かる』と考えて、3月中旬に投資を始めた。含み益は足元で(投資額に対し)60%。時間をかけず投資額を倍にしたい」

そう話すのは会社員の30代男性。証券口座は以前に開いていたが、「投資の知識があまりないし負けたくもない」と、売買はしていなかった。そこに起きたのが新型コロナウイルスの感染拡大を受けた世界的な株急落。男性は昨年末まで株価が右肩上がりだった銘柄の中から、コロナ禍でもビジネスモデルが影響を受けないと思う企業を選び、医療情報サービスのエムスリー株などに投資した。

個人の資産運用はコロナ影響でどう変化したのか。本誌が実施した独自アンケートでは、回答した約6000人の2割がコロナ禍を機に資産運用を始めたり再開したりしていた。「日経平均が大幅下落し資産運用を始めるいい機会と思った」「コロナ禍で株が激安セールだったので追加投資した」(ともに40代男性/会社員)など、株急落を投資の好機と捉えた人は多かった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ時代の株入門
注目株7 今期配当利回りランキング
注目株6 連続増配年数ランキング
注目株5 増収増益の連続年数ランキング
注目株4 過去最高益を何年ぶりに更新するかでランキング
注目株3 会社計画比乖離率ランキング
注目株2 最高益更新率ランキング
注目株1 今期経常利益予想の上方修正率ランキング
株価爆騰後を見通す
売られすぎ銘柄を探せ
STEP3 四季報ランキング
証券セールスの裏側を知る
基礎6 手数料や便利さを総点検
基礎5 株主優待の醍醐味を満喫
基礎4 海外株を資産に組み入れるには
基礎3 『会社四季報』を使いこなす
基礎2 買うタイミングはこう探す
STEP2 株式投資6つの基礎|基礎1 株式投資の魅力と始め方
節税こそが運用で勝つ近道
物流施設人気は続くのか
分散投資の効果は「幻想」
強気派・慎重派に聞く、株価はどこまで上がるか
強気派・慎重派に聞く、株価はどこまで上がるか
強い企業がより強く、弱い企業がより弱く。コロナ後は二極化が加速する
個人投資家6000人アンケートで判明、今が好機!運用を積極化
STEP1 資産運用超入門
コロナ時代の株入門
会社四季報 秋号公式「トクする銘柄」ガイド
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内