米ディッシュ、ソニーの北朝鮮映画を放送へ

1月2日から「ザ・インタビュー」視聴可能に

 1月1日、米衛星放送大手のディッシュ・ネットワークは、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を描いたソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)の映画「ザ・インタビュー」を放映すると発表した。写真は映画「ザ・インタビュー」のチケット。2014年12月撮影(2015年 ロイター/Kevork Djansezian)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米衛星放送大手のディッシュ・ネットワーク<DISH.O>は1日、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を描いたソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)の映画「ザ・インタビュー」を放映すると発表した。ペイパービュー(PPV)方式で1月2日から放映を開始する。

SPEは先月31日、「ザ・インタビュー」について、米国の有料テレビなどを通しても配信すると発表。小売り大手ウォルマート<WMT.N>のオンデマンド配信サービスやソニーの「プレイステーション・ネットワーク(PSN)」でも視聴可能になることを明らかにしていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。