有料会員限定

会社への白紙委任状で判明、大手損保・信託銀行のおざなり 乾汽船 vs. アルファレオ

印刷
A
A

乾汽船の経営をめぐって生じた議決権争奪戦。機関投資家の対応は。

イヌイ倉庫は2014年に旧乾汽船と統合し商号を乾汽船に改めた。写真は本社がある東京・勝どきのビル

特集「牙むく株主」の他の記事を読む

東証1部上場の中堅海運会社・乾汽船の臨時株主総会(2019年11月4日開催)で、110を上回る数の株主が自ら議決権を行使せずに、会社側に白紙委任していた実態が、本誌が入手した同社の内部資料で判明した。

これらの株主が乾汽船に提出した白紙委任状では、大株主である投資会社アルファレオホールディングスによる株主提案に対する賛否や委任先の代理人名が未記入になっていた(写真下左)。乾汽船は、未記入の白紙委任状を集めたうえで、これらの株主に代わって議決権を行使する社員の氏名や日時などを記載。白紙委任状を含めて180人(社)分の委任状を集め、乾康之社長の解任などを求める投資会社による株主提案を退けた。

乾汽船が株主に宛てた「委任状提出のお願い」。「代理人名の記載は空欄にてお願いいたします」と書かれている(写真上)。みずほ信託銀行では資産運用業務部門は株主提案に賛同(写真中)した一方、自己勘定部門は白紙委任状を提出(写真下左)

分かれた金融機関の対応

白紙委任をした株主リストには、社員株主や従業員持ち株会、倉庫会社などの取引先に交じって、三井住友海上火災保険や、みずほ信託銀行などの金融機関も含まれていた。

このうち、三井住友海上は「日本版スチュワードシップ・コード」(受託者責任指針。以下「日本版SC」)に賛同しており、同コードを受け入れて受託者責任を果たす旨を14年5月に表明している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
牙むく株主
インタビュー/国際基督教大学 特別招聘教授、東京大学 名誉教授 岩井克人
アクティビストファンドだけではない
アクティビスト封じ? 改正外為法の同床異夢
官邸・経産省がリード、尻拭いは財務省
「買収防衛の目的もある」と幹部
乾汽船 vs. アルファレオ
インタビュー/一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
勃興する新たな“株主"、迫り来るESGの波
第3章 会社は誰のものなのか?
個人投資家にもチャンス到来?
新型コロナで割安さ増す
狙われた会社のその後 2
ハゲタカか、それとも救世主か
経産省の先輩と後輩が激論
第2章 アクティビスト対処法
狙われた会社のその後、圧力テコに経営改善を断行
2000年代と比べアクティビストたちの投資手法は劇的に進化
物言う株主の栄枯盛衰、政策の後押し受け大復活
投資環境の整備でアクティビストが力を取り戻した
第1章 日本企業を狙う物言う株主
牙むく株主 あの投資家は敵か味方か
爛熟した株主至上主義の行方
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内