有料会員限定

資生堂、前田道路、積水ハウス、LIXIL…続々と声を上げる株主の乱 アクティビストファンドだけではない

印刷
A
A

元経営者や大株主・親会社が経営陣に異を唱え始めた。

元経営者が現経営陣への批判を強め、筆頭株主が敵対的TOBを仕掛ける。あるいは突如として親会社が取締役の交代を迫る──。理がどちらにあるかは案件ごとに異なるが、間違いなく言えるのは、株主とのコミュニケーションがこれまで以上に重要になっているということだ。

資生堂|大物OB株主がダメ出し、辣腕プロ経営者の正念場

資生堂は店頭で販売員が丁寧に説明する対面販売を大胆に合理化。これを不満に思うOB株主もいる(撮影:今井康一)

特集「牙むく株主」の他の記事を読む

「資生堂はインバウンド需要を取り込むことに成功した一方で、既存客を軽視している。その反動が心配だ」。資生堂の元幹部役員で、株主でもあるX氏はこう訴える。

別のOBのY氏も、「資生堂は顧客に丁寧に説明する対面販売で成長してきた。そこを軽視して、EC(ネット通販)やコンビニエンスストアなど、説明販売ができない販路をやみくもに拡大しては危険だ」と、魚谷雅彦社長の経営戦略への懸念を示す。

両OBとも、かつての経営幹部だ。「魚谷社長はリピート客、固定客を軽視している。流行を追うマーケティングは上手だが、それによって得られる売り上げは、他社に簡単に奪われてしまう」(Y氏)。「魚谷社長は化粧品ビジネスについては門外漢。昨年、高級ブランドを廃止する際も、販売店側に通知書を送っただけ。『説明もなく、突然すぎる』と、店舗側は怒り心頭だった」(X氏)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
牙むく株主
インタビュー/国際基督教大学 特別招聘教授、東京大学 名誉教授 岩井克人
アクティビストファンドだけではない
アクティビスト封じ? 改正外為法の同床異夢
官邸・経産省がリード、尻拭いは財務省
「買収防衛の目的もある」と幹部
乾汽船 vs. アルファレオ
インタビュー/一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
勃興する新たな“株主"、迫り来るESGの波
第3章 会社は誰のものなのか?
個人投資家にもチャンス到来?
新型コロナで割安さ増す
狙われた会社のその後 2
ハゲタカか、それとも救世主か
経産省の先輩と後輩が激論
第2章 アクティビスト対処法
狙われた会社のその後、圧力テコに経営改善を断行
2000年代と比べアクティビストたちの投資手法は劇的に進化
物言う株主の栄枯盛衰、政策の後押し受け大復活
投資環境の整備でアクティビストが力を取り戻した
第1章 日本企業を狙う物言う株主
牙むく株主 あの投資家は敵か味方か
爛熟した株主至上主義の行方
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内