有料会員限定

パワービルダー系が挑む経済性重視のマンション 「周辺相場より安い」というセールストークの実力は?

印刷
A
A
オープンレジデンシア代々木上原ヒルズ。自慢の用地仕入れ力を生かす(©️オープンハウス)

特集「マンションの罠」の他の記事を読む

「パワービルダー」はもっぱら戸建て業界の用語である。用地の仕入れから建設、引き渡しまでを半年程度で行うスピードを武器に、低価格の建て売り戸建てを大量供給している。

そのパワービルダーが今、マンション市場で存在感を高めている。マンション価格が高騰する中、戸建ての事業モデルをマンションにも応用し、「周辺相場より安い」というセールストークで独自のポジションを築き上げているのだ。

戸建て流の開発手法

1月、東京・飯田橋にあるモデルルーム。夕方5時という時間にもかかわらず、どの商談席にも単身者から家族連れまでさまざまな客の姿があった。お目当ては、オープンハウスの子会社「オープンハウス・ディベロップメント」が分譲するマンション「オープンレジデンシア」。販売物件の1つである文京区小石川のマンションは、坪単価400万円前後。周辺相場と比べかなり安い。

「周辺相場から逆算して、競合物件より安く供給できるよう原価を圧縮していく」。オープンハウスの若旅孝太郎・取締役常務執行役員は語る。2019年は新築マンション453戸を首都圏で供給。18年は798戸と、首都圏の供給戸数ランキングでは10位につけ、大手デベロッパーの東急不動産や東京建物をも超えた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
マンションの罠
都心部やターミナル駅至近の物件が上位にランクイン
住宅ローン市場に異変
利息だけ考えていてはダメ
デベロッパーに直撃5|東京建物
「浸水対策」はどこまでできるか
デベロッパーに直撃4|三菱地所レジデンス
「周辺相場より安い」というセールストークの実力は?
PART2 セールストークの本音|おひとりさまに新たなコンセプトを提示
デベロッパーに直撃3|住友不動産
築55年でも1億円、分譲なのに賃貸仕様
中古マンションの選び方
デベロッパーに直撃2|野村不動産
デベロッパーに直撃1|三井不動産レジデンシャル
⑦管理|業界団体も本腰を入れ始めた
インタビュー/マンション管理業協会 理事長 岡本 潮
ご意見番に聞く、マンションの選び方1
ご意見番に聞く、マンションの選び方2
⑥立地|郊外マンションの現実
⑤価格|お宝物件の見つけ方
④モデルルーム|1000件超を訪問してわかったこと
③設備|「こだわりすぎ」とは言わせない!
②広告|違法でなければいいのか?
PART1 7つの購入チェックポイント|①広さ
マンションの罠
デベロッパーの売り方、全部バラす!
「初月契約率」は役目を終えた?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内