有料会員限定

吉田ソニーはモビリティ時代の勝負に出た 「Vision-S」にかけた本当の想い

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
吉田憲一郎社長兼CEOの目線の先にあるものとは?(筆者撮影)

特集「躍動!これが注目テックだ」の他の記事を読む

CES2020のプレスカンファレンスで話題をさらったソニーのコンセプトカー「Vision-S」。オーストリアのマグナ・シュタイアの協力を得て開発したコンセプトカーは「商品化を前提としたものではない」と公式にアナウンスされている。

ソニーの半導体部門が得意とするイメージセンサーや半導体LiDERといったデバイス、複数のセンサー情報を用いた空間把握といったイメージ処理技術といったソリューションなどを駆使して「安全・安心」を届け、その上でソニーが得意とするオーディオ&ビジュアルの領域で、自動車の運転というストレスから解放される利用者にエンターテインメントを提供する。

「展示会を意識しただけの打ち上げ花火ではないか」との声が多いのも事実だ。しかし、筆者が現地で関係者を取材してわかったのは、かなり力を入れているということだ。今後も第2弾、第3弾とコンセプトカーを開発していくことになるだろう。

2018年4月に社長に就任して2年弱。吉田憲一郎社長兼CEOの目線の先には、モバイル時代の終焉の先にあるモビリティ時代の幕開けと、新しい時代におけるソニーの新しい事業戦略があった。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内