これからの自動車は収益マシンに化ける テック企業が狙うビジネスモデルの改造

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
Bytonの電気自動車「M-Byte」は今年中に量産を行う予定だ (写真:REUTERS/Steve Marcus)

特集「躍動!これが注目テックだ」の他の記事を読む

多くのテック企業はスマートフォンとテレビを継続的な収入源へと変化させることに成功した。そして今度は、自動車メーカーと手を組むことによって、自動車についても同じ変化を起こそうとしている。

自動運転車が広く流通するのはまだ先のことだが、自動車とテックの2業界は、「無線」で提供するサービスと機能を備えた自動車のアイデアを共に実現しようとしている。つまり、スマートフォンが使用しているのと同じワイヤレスデータネットワークを使うということだ。

とくに動画のストリーミング、車両機能のアップグレード、車内でのeコマースといったサービスは、自動車メーカーの喫緊のニーズに応えられるかもしれない。自動車メーカーは車両がディーラーの手もとを離れた後も、長期にわたってそのハードウェアから収益を得るための手段を求めているためだ。

テック企業は人々が自動車の中で過ごす時間を、成長につながる新領域だと考えている。

自動車をネットに繋がった収益マシンへ

自動車メーカー、テック企業は共に、ラスベガスで開催されるテクノロジー見本市、CESの機会をとらえて、自動車をネットワークに接続した収益マシンへと変えていくビジョンを表明している。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内