有料会員限定

パナ「超小型VRグラス」の潜在力 試作機に世界が注目

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8
拡大
縮小
パナソニックのVRグラス(筆者撮影)

特集「躍動!これが注目テックだ」の他の記事を読む

米ラスベガスで年明け早々に開催されたCES 2020。プレスカンファレンスで最も「残念な印象」を残したのはパナソニックだった。

北米でのコンシューマー事業を縮小し、カメラなど一部商品を除くとB2B事業に特化してきただけに、大きな期待はできないのかもしれない。そう感じたのは筆者だけではなかっただろう。2020年東京五輪を前に、著名アスリートを集めた「Team Panasonic」を編成しての活動報告に、CESの発表会場で15分以上もかけたのは、自信のなさと捉えられてもしかたないだろう。

ところが注目すべきガジェットがあった。展示会場には置かれていない、バックヤードで披露したある試作モデルが、そのデザインやスペックとともに話題を呼んだのだ。

それは世界初、HDR表示に対応したVRグラスである。

VRディスプレーといえば、フェイスブック傘下のオキュラスの製品に代表されるように、「巨大」というイメージがあるだろう。スキーゴーグルのように大きな、そして300〜800グラムの装置を頭に装着する必要がある。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内