有料会員限定

28年ぶりに「登場」したアップルのしたたかな戦略 「出展なし」だがCESで存在感をアピール

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8
拡大
縮小
今年のCESの討論会でアップルのジェーン・ホバース氏(中央)は「われわれは顧客のプライバシーを守っている」と力説した(記者撮影)

特集「躍動!これが注目テックだ」の他の記事を読む

世界中のエレクトロニクス関連企業が一堂に会し、最新の製品を展示するCES。世界のトップブランドであるにもかかわらず長年不参加を決め込んできた企業がある。アップルだ。

最後に正式参加したのは1992年、そのアップルが28年ぶりにCESに名を連ねた。ブース展示やキーノートでの登壇はなく、討論会に幹部が出席するだけだったが、アップル参加のニュースは開幕前から話題になった。アップルの「方針転換」にはどんな意味があったのか。

フェイスブック、アップルの討論会に長蛇の列

CESでは近年、具体的な製品よりもどのようなサービスが人々の暮らしを変えるのかといった展示が目立つ。今年も、例えば住人の生活をセンサーでモニタリングし、最適なタイミングで最適なサービスを提供するといったソリューションを、パナソニックなど多くの企業がアピールした。

一方で、個人データを集めて利用する場合のルールについても注目が集まっている。欧州連合は個人データの厳しい管理を求めるGDPR(一般データ保護規則)を施行し、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)などのテクノロジー企業にはとくに厳しい視線が注がれている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内