日本の家電業界、需要は緩やかに回復するが、厳しい事業環境は変わらず《ムーディーズの業界分析》


コーポレート・ファイナンス・グループ
AVP-アナリスト 高橋良夫

ムーディーズは2009年11月、日本の家電業界に対する見通しを「ネガティブ」から「安定的」に変更した。これは、09年前半に市場が底打ちし、最悪期が過ぎたと判断したためである。しかしながら、その後も市場環境の大幅な改善は見られていないことから、ムーディーズは10年12月に、同業界に対する見通しを「ポジティブ」に変更せず、安定的のまま維持することとした。この見通しは、今後12カ月から18カ月で同業界の事業環境と信用状況が著しく悪化または改善することはない、とのムーディーズの見方を示すものである。

第一に、先進国経済は引き続き軟調に推移しており、全体の需要改善ペースは緩やかである。足元では、主に新興国市場における需要拡大を背景に、家電製品に対する需要は全般的に回復し、それに伴い供給も改善傾向にある。しかしながら、米国および欧州市場が引き続き低調であることから、需要回復のペースは緩やかなものとなっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT