ネットでできる音楽レッスン、マイペースでの期待に応える

「時間に縛られることなく、楽器を学びたい」--。多忙な会社員のニーズに応えるのは、ヤマハが展開するネット上の動画レッスン、「ミュージックレッスンオンライン(MLO)」だ。ネット環境と楽器さえあれば、いつでもどこでもレッスンを受けられる。

対面レッスンの「ヤマハ音楽教室」と同一のカリキュラムを採用。ギターやピアノなど14種類の楽器のコースから成る。受講者は講師の手本を動画で確認しながら自分のペースで練習を重ね、レベルを上げていく。カリキュラムは1年だが、短縮や延長も可能。受講料は基礎コースで月額3465円と、教室に通う場合(月3回で8000円程度)の半額以下だ。

ネットならではの特長は、レッスン動画を繰り返し再生できること。苦手な箇所を復習するだけでなく、アングル変更やズーム機能を利用し、講師の手元を確認するといった幅広い使い方が可能だ。

「計画的にレッスンに通いづらい人、こっそり腕を上げたいと考える人に好評だ」と、須見傑・MLOプロジェクトリーダー。利用者の7割は30~40代の男性会社員で、サイトへのアクセスは平日21~24時に集中する。断トツ人気はギター、続いてピアノと、一度はあきらめた楽器に再チャレンジする人が多い。今年は眠っている楽器を引っ張り出してみるのもいいのでは。

(前野裕香 =週刊東洋経済2011年1月15日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。