有料会員限定

見直される「院政」の意味 院政の創始者、白河天皇

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20
拡大
縮小

院政が「混沌の中世」への転換に耐えうる天皇制の形をつくった。

こしに乗った天皇が、“治天の君”とも呼ばれた上皇(院)の御所に行幸し、拝礼して孝行を表現する、「朝覲(ちょうきん)行幸」の様子(住吉本「年中行事絵巻」巻一 朝覲行幸。田中家蔵・小松茂美編『日本の絵巻8 年中行事絵巻』中央公論新社より転載)

特集「天皇と日本史」の他の記事を読む

平成の天皇が高齢による退位の意向を示されたことを受け、天皇と上皇との権威の二重化、すなわち中世に始まった「院政」が再現される可能性があるのではないかと問題となった。

実際に代替わりが行われてみれば、新天皇の存在感は日々増しており、上記の懸念が杞憂だったことは明らかだろう。ただ、組織の第一線を退いたはずの人が、隠然たる権力を振るい続ける様子を「院政を敷く」と表現するように、近代以降「院政」は、天皇を抑圧するものとしてネガティブに捉えられてきた。はたして本当なのか。「院政」開始の事情、その歴史的な意義を振り返ってみたい。

院政とは、譲位した天皇(太上(だいじょう)天皇)が、新天皇に対する父権を根拠として政務を主導・代行する方式である。太上天皇は、その御所の名称である「院」を転用して、院と通称されることが多い。院の地位は天皇に準じ、潜在的には天皇と同等の権力を持つと考えられていた。

院政への道は、1068年即位の後三条天皇によって開かれた。彼は約170年ぶりに現れた、摂関家の娘を母としない天皇である。娘を入内(じゅだい)させ、その娘の生んだ子を天皇に据えることによって権力を維持してきた摂関家は、天皇の后(きさき)となり、母となる娘を確保することができなくなっており、後三条天皇の登場を容認せざるをえなかったのである。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
天皇と日本史
古代、中世から宗教、天皇論まで
英国王室と国民の関係
日本、英国、タイ、スペイン…
迷宮の女帝論議
小林よしのり「伝統と因習を履き違えるな」
「男系を異様に重視するのは、一種のカルトに近い」
戦地慰霊、企業視察で「平成流」を実践
皇室のお金と使い道
天皇・皇后両陛下の結婚秘話
第2章 平成・令和の天皇像|公務の幅を広げようとする令和の時代の天皇像
立命館アジア太平洋大学(APU) 学長・出口治明の私の天皇論
鎌倉時代に消えた天皇の守護者
天皇も実物は見たことがない
昭和天皇の「終戦構想」
最高司令官としての昭和天皇
明治天皇は大帝に変貌した
天皇の復権を図った光格天皇
後醍醐天皇|文化の庇護者の役割
院政の創始者、白河天皇
国の基礎をつくった天皇夫婦
第1章 日本史における天皇|律令国家の創始者 天武・持統天皇
天皇と日本史
いま知っておきたい
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内