有料会員限定

独裁者と文化人、多面的な顔 後醍醐天皇|文化の庇護者の役割

印刷
A
A

公武政権を実現。専制君主であると同時に、一流の文化人であった。

日本の中世に登場する天皇で、後醍醐天皇(1288〜1339年)は後鳥羽天皇(1180〜1239年)とともに歴史に大きな足跡を残している。

後醍醐天皇(1288〜1339年)在位1318〜39年。建武新政の崩壊後、吉野で南朝を樹立した(清浄光寺(遊行寺)蔵)

後鳥羽天皇は鎌倉幕府と対立し兵を挙げたものの敗れ(承久の乱)、隠岐に配流され亡くなった。一方の後醍醐天皇は鎌倉幕府を倒した後、天皇親政に乗り出したが(建武新政)、足利尊氏と対立。政権は崩壊し、大和の吉野に逃れ、そこで亡くなった。

両天皇には共通する点が多い。第1に動乱の時代に変則的に即位したこと、第2に鎌倉幕府を倒そうとして失敗し、配流の憂き目に遭ったこと。第3にどちらも天皇の系譜としては傍流であったことである。

反対に決定的に異なるのは、後鳥羽天皇が京都帰還を懇望しながら果たせなかったのに対し、後醍醐天皇は宿敵である鎌倉幕府を倒した点である。

後醍醐が生きた時代、2度の蒙古襲来(1274年と1281年)を機に幕府の権威は衰え出し、中世社会は揺るぎ始めていた。

朝廷内の内紛に端を発す大覚寺統、持明院統の2つの系統がある中、皇位継承のために幾多の困難と試練を乗り越えなければならなかったが、偶然と幸運を巧みに捉え、公武の信頼を受けて天皇の座に就いた。幕府との協調を旨とする父・後宇多上皇と確執を続けながらも、京都支配で実績を示し、政治家としての自信をつけていった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
天皇と日本史
古代、中世から宗教、天皇論まで
英国王室と国民の関係
日本、英国、タイ、スペイン…
迷宮の女帝論議
小林よしのり「伝統と因習を履き違えるな」
「男系を異様に重視するのは、一種のカルトに近い」
戦地慰霊、企業視察で「平成流」を実践
皇室のお金と使い道
天皇・皇后両陛下の結婚秘話
第2章 平成・令和の天皇像|公務の幅を広げようとする令和の時代の天皇像
立命館アジア太平洋大学(APU) 学長・出口治明の私の天皇論
鎌倉時代に消えた天皇の守護者
天皇も実物は見たことがない
昭和天皇の「終戦構想」
最高司令官としての昭和天皇
明治天皇は大帝に変貌した
天皇の復権を図った光格天皇
後醍醐天皇|文化の庇護者の役割
院政の創始者、白河天皇
国の基礎をつくった天皇夫婦
第1章 日本史における天皇|律令国家の創始者 天武・持統天皇
天皇と日本史
いま知っておきたい
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内