有料会員限定

株式投資は予算30万円から、堅実派には個人向け国債も 金融商品の特徴をつかもう

印刷
A
A

資産運用を始めたくても、実際に投資対象を選ぶのは楽ではない。まず、各商品の特徴を押さえておこう。

イラスト:髙栁浩太郎

特集「50歳からのお金の教科書」の他の記事を読む

株式

資産運用と聞いて最初に思い浮かぶのは株式だろう。株価の上昇や配当金で利益を得る代表的な金融商品で、長期運用では預貯金より有利だとされる。

株価を動かすのは市場参加者の期待だ。景気や企業業績に対して株価は3カ月から1年ほど先行して動くといわれる。「予想で買って、発表で売る」との格言があり、主力商品の販売好調や新技術の開発、大胆な経営改革など利益アップにつながる情報が株価上昇をもたらすケースが多い。

初心者にとって大きなハードルとなるのが予算とリスクだろう。

東京証券取引所には現在、3631社の株式が上場し、100株単位で取引されている。30万円以内(1株3000円以内)で購入できるのは3081社あり、30万円の予算で大半の企業に投資できる。

10万円以内に絞ると上場企業の約4割の1447社が該当する。SBI証券、松井証券、マネックス証券などのネット証券会社では、売買代金10万円以下だと手数料ゼロのコースがある。個人投資家の予算は限られるが、単価の安いものを選んで複数銘柄に分散投資すれば、1銘柄への集中投資に比べて株価下落による損失を抑えやすくなる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
50歳からのお金の教科書
理論、基礎知識、実践…すべてがわかる
ファンドラップ|一見いいことずくめだが
外債|見た目の高金利にだまされるな
VIXショックで大損害、落とし穴だった「即死条項」
仕組み債|複雑すぎる金融商品
保険商品はどれもコスト高、長寿に保険で備えるのは無理
終身・変額・長寿生存|資産運用に不向きな保険
STEP3 応用編|外貨建て保険・盲点がいくつも!
インタビュー|経済評論家 山崎 元
ソフトバンクグループ
新興企業投資の留意点
プロの市場関係者も注視
インデックス運用で再脚光
銘柄選びと並んで重要
手数料、ツール、アプリの使い勝手、商品数…
STEP2 実践編|時間をかけて利益を積み上げ
50代なら知っていてほしい
「年金は破綻なんかしていない、『わからず屋』は放っておこう」
インタビュー|慶応大学 商学部教授 権丈善一
31歳ライターがiDeCoに挑戦
利用しないのは損?
異色対談|投資家 村上世彰×漫画家 西原理恵子
金融商品の特徴をつかもう
定期預金で貯める仕組みを
STEP1 基本編|50代は貯蓄を増やすチャンス
50歳からのお金の教科書
[保存版]人生100年時代の「正しい資産運用術」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内