有料会員限定

上場前に買えれば高い勝率、IPO銘柄への投資は「アリ」 新興企業投資の留意点

印刷
A
A

上場から1カ月で2倍高もあるIPO銘柄。50歳からでも投資できる?

イラスト:髙栁浩太郎

特集「50歳からのお金の教科書」の他の記事を読む

上場会社として証券取引所にデビューする新規株式公開(IPO)企業への投資が人気だ。今年は5月までに26社が東京証券取引所に上場し、このうち25銘柄で初の市場取引価格(初値)が上場前に投資家に売り渡す公開価格を上回った。96%の高い勝率である。一方、上場後は急騰・急落が多く、銘柄選びに加えて売買のタイミングも損益を大きく左右する。

「条件次第だが、IPO銘柄への投資はアリだと思う」。マーケットアナリストとしてテレビ番組での解説で活躍する岡村友哉氏は指摘する。手元資金の全額をIPO銘柄に投じるのはリスクが大きく、本来、老後の資産形成という観点からは論外だ。しかし、100万円など損をしても許容できる金額をあらかじめ決め、その範囲内で投資するならIPO銘柄も魅力的な金融商品になるという。

「現実的な問題として、日経平均株価が2倍になるには何年かかるかわからないが、IPO銘柄では1カ月間で2倍高はザラ。最初から選択肢に含めないのはもったいないだろう」と岡村氏は話す。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
50歳からのお金の教科書
理論、基礎知識、実践…すべてがわかる
ファンドラップ|一見いいことずくめだが
外債|見た目の高金利にだまされるな
VIXショックで大損害、落とし穴だった「即死条項」
仕組み債|複雑すぎる金融商品
保険商品はどれもコスト高、長寿に保険で備えるのは無理
終身・変額・長寿生存|資産運用に不向きな保険
STEP3 応用編|外貨建て保険・盲点がいくつも!
インタビュー|経済評論家 山崎 元
ソフトバンクグループ
新興企業投資の留意点
プロの市場関係者も注視
インデックス運用で再脚光
銘柄選びと並んで重要
手数料、ツール、アプリの使い勝手、商品数…
STEP2 実践編|時間をかけて利益を積み上げ
50代なら知っていてほしい
「年金は破綻なんかしていない、『わからず屋』は放っておこう」
インタビュー|慶応大学 商学部教授 権丈善一
31歳ライターがiDeCoに挑戦
利用しないのは損?
異色対談|投資家 村上世彰×漫画家 西原理恵子
金融商品の特徴をつかもう
定期預金で貯める仕組みを
STEP1 基本編|50代は貯蓄を増やすチャンス
50歳からのお金の教科書
[保存版]人生100年時代の「正しい資産運用術」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内