有料会員限定

生涯投資家vs生涯漫画家「せっせと貯め込んでいた私がバカでした」(笑) 異色対談|投資家 村上世彰×漫画家 西原理恵子

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 最新
拡大
縮小
(撮影:尾形文繁)

特集「50歳からのお金の教科書」の他の記事を読む

6月15日に『生涯投資家vs生涯漫画家 世界で一番カンタンな投資とお金の話』という対談集を出版する漫画家の西原理恵子氏と投資家の村上世彰氏。50代で株式投資を始めた西原氏と、現在は自己資金のみを運用している村上氏(59)が、ギャンブルと投資の違い、お金を回すことの大事さについて改めて対談した。

──西原さんは昨年の秋、53歳のときに投資を始めたそうですね。

西原 はい。うちのおばあちゃん、いまだに「なんで株、買うたんか!」って怒ってます。「娘が株に手を染めた」って。会計業務をどうしてものぞくんですよ。私の会社の会計帳簿とか預金通帳を。

村上 おばあちゃんって誰? お母さん?

投資家 村上世彰(むらかみ・よしあき)1959年生まれ。83年東京大学卒業、旧通商産業省入省。99年から2006年までファンドを運営。現在は自己資金のみを運用。投資教育にも注力。(撮影:尾形文繁)

西原 うん。85歳で、ピンシャンしているので。「あんなもの買って!」っていう言い方ですね。「仕事で必要で、投資の本を書くんだから。しかもそれは『225』っていうやつだから先物じゃないの、寝かせられるヤツなの。10年、20年後の必要なときに使うためのお金だからね」って言ったら、「そんなはずはない」って。「また悪い虫が始まったろう、おまえは!」みたいな。(母親は娘のお金を)自分のお金だと思い込んでいるフシがやはりある。「自分の娘が稼いだものは私が管理してあげる」って思い込んでる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
50歳からのお金の教科書
理論、基礎知識、実践…すべてがわかる
ファンドラップ|一見いいことずくめだが
外債|見た目の高金利にだまされるな
VIXショックで大損害、落とし穴だった「即死条項」
仕組み債|複雑すぎる金融商品
保険商品はどれもコスト高、長寿に保険で備えるのは無理
終身・変額・長寿生存|資産運用に不向きな保険
STEP3 応用編|外貨建て保険・盲点がいくつも!
インタビュー|経済評論家 山崎 元
ソフトバンクグループ
新興企業投資の留意点
プロの市場関係者も注視
インデックス運用で再脚光
銘柄選びと並んで重要
手数料、ツール、アプリの使い勝手、商品数…
STEP2 実践編|時間をかけて利益を積み上げ
50代なら知っていてほしい
「年金は破綻なんかしていない、『わからず屋』は放っておこう」
インタビュー|慶応大学 商学部教授 権丈善一
31歳ライターがiDeCoに挑戦
利用しないのは損?
異色対談|投資家 村上世彰×漫画家 西原理恵子
金融商品の特徴をつかもう
定期預金で貯める仕組みを
STEP1 基本編|50代は貯蓄を増やすチャンス
50歳からのお金の教科書
[保存版]人生100年時代の「正しい資産運用術」
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内