有料会員限定

デイヴィッド・ピリング「GDPで見た日本は一面的なものだ」 フィナンシャル・タイムズ・アフリカ編集長に聞く

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
David Pilling/英ケンブリッジ大学卒業、1990年からフィナンシャル・タイムズ紙記者。2002〜08年にフィナンシャル・タイムズ紙東京支局長。(撮影:今井康一)

特集「FACTFULNESS 日本版」の他の記事を読む

先進国経済が成熟化する中、GDP(国内総生産)だけで経済パフォーマンスや人々の満足度を計ろうとする従来の手法は限界に近づいている。3月20日に邦訳版が出版された『幻想の経済成長』でGDP神話にメスを入れたデイヴィッド・ピリング氏に話を聞いた。

──日本に初来日したとき、驚いたそうですね。

2002年、私はフィナンシャル・タイムズの東京支局長として来日した。当時、世界の日本に対するイメージはひどいものだった。一時は経済超大国に上り詰めながらもその状況は崩壊し、悲惨な経済の低成長がずっと続くといわれていた。だが、来日したときの印象はまったく違った。もちろん完璧ではないが、問題は全然なさそうで、人々は満足そうだった。

──その当時、日本の名目GDP(円ベース)は減少していました。

われわれは経済や社会の状況をすべてGDPで表現しがちだが、それは間違っている。例えば、日本は犯罪の少ない国だが、GDPの計測では犯罪が多いほど経済はよくなる。防犯用品が売れたり警察や警備会社の人員が拡充されたりするからだ。GDPは生産に関する指標であり、それがネガティブな防犯目的であっても、生産が多いほどよいことになる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
FACTFULNESS 日本版
フィナンシャル・タイムズ・アフリカ編集長に聞く
棒・折れ線グラフ一本やりから卒業しよう
FACTFULNESS実践編|統計リテラシーを高める
2015年ノーベル賞経済学者に聞く
「円が安全通貨」はどこまで本当か
反中・反韓のネット右翼はどこまで深刻か
FACTFULNESS応用編|事実に基づき多面的に考えよう
『ファクトフルネス』共著者に聞く
急成長を遂げた日本の軌跡を現在の世界各国と比較
FACTFULNESS基礎編/1つだけの数字に着目してはいけない
FACTFULNESS基礎編//GDPに頼った日本独り負け論は一面的
FACTFULNESS基礎編/あなたはなぜ勘違いするのか?
驚きの数字・統計
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内