有料会員限定

ネガティブ本能…「悪い」と「よくなっている」は両立する FACTFULNESS基礎編/あなたはなぜ勘違いするのか?

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13
拡大
縮小

人が間違える10の本能から3つを取り上げ、日本の事実を確認する。(データ協力 本川 裕)

(Scanrail / PIXTA)

特集「FACTFULNESS 日本版」の他の記事を読む

ネガティブなニュースは圧倒的に人々の耳に入りやすい。一方で、物事がよくなってもそのことを知る機会は少ない。結果、世界について人々は実際よりも悪いイメージを抱くようになる。

『ファクトフルネス』はこれをネガティブ本能と名付けている。

だが、「悪い」は現在の状態であり、「よくなっている」は変化の方向性のことだ。2つは両立しうるし、それらを見分けられるようになるのが重要だと同書は説く。

日本人も選別眼を磨く必要があるようだ。安倍晋三政権のアベノミクスに対して野党は全面否定する傾向が強く、その代表例は雇用だ。図表1を見ればそれもうなずける。雇用数は増えていても、多くは不安定で低賃金の非正規雇用。雇用の質はよくなっていない。

だが、非正規雇用が増えているという情報に接したとき、多くの日本人が思い起こすのは、1990年代後半から2000年代初頭にかけて若者の非正規雇用が急増した「就職氷河期」だろう。今の状況はまだあの頃を引きずっているのだろうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
FACTFULNESS 日本版
フィナンシャル・タイムズ・アフリカ編集長に聞く
棒・折れ線グラフ一本やりから卒業しよう
FACTFULNESS実践編|統計リテラシーを高める
2015年ノーベル賞経済学者に聞く
「円が安全通貨」はどこまで本当か
反中・反韓のネット右翼はどこまで深刻か
FACTFULNESS応用編|事実に基づき多面的に考えよう
『ファクトフルネス』共著者に聞く
急成長を遂げた日本の軌跡を現在の世界各国と比較
FACTFULNESS基礎編/1つだけの数字に着目してはいけない
FACTFULNESS基礎編//GDPに頼った日本独り負け論は一面的
FACTFULNESS基礎編/あなたはなぜ勘違いするのか?
驚きの数字・統計
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内