有料会員限定

FACTFULNESS 日本版 なぜ賢い人ほど間違うのか? 驚きの数字・統計

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13
拡大
縮小

ベストセラー『ファクトフルネス』に沿って自分の物の見方を批判的に考え直してみよう。本特集を通じて「事実に基づく世界の見方」が身に付くはずだ。

本誌 野村明弘、藤原宏成、西村豪太、大崎明子、福田恵介、中村 稔/データビジュアル 荻原和樹

週刊東洋経済 2019年4/6号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「FACTFULNESS 日本版」の他の記事を読む

人が勘違いしがちな10の本能を数多くの事例を交えながら解説した話題作『ファクトフルネス』の日本語版(日経BP社)が異例のヒットを飛ばしている。世界で100万部超のベストセラーだが、国内では年初の発売からわずか2カ月で30万部を突破した。

著者のハンス・ロスリング氏(故人)はスウェーデン出身の医師・公衆衛生学者。世界的講演会「TEDカンファレンス」での、アニメーション機能付きグラフを活用して統計をわかりやすく説明したプレゼンテーションが話題となり、一躍著名になった。人がなぜ間違えるかを楽しく学習していくその講演を書籍の形に詰め込んだのが『ファクトフルネス』だ。

日本語版共訳者の上杉周作氏は「本書の題材である国際開発や医療の関係者以外にも読者が広がっている。インスタグラムを見ると、美容師や美容サロン関係者など普段あまり統計に触れていない人も手に取ってくれている」と話す。

『ファクトフルネス』が扱うのは海外の情報だが、それを日本の情報に置き換えて展開するのが今回の特集「ファクトフルネス日本版」だ。私たちの『常識』は本当に正しいのか。まずは15のクイズから始めてみよう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
FACTFULNESS 日本版
フィナンシャル・タイムズ・アフリカ編集長に聞く
棒・折れ線グラフ一本やりから卒業しよう
FACTFULNESS実践編|統計リテラシーを高める
2015年ノーベル賞経済学者に聞く
「円が安全通貨」はどこまで本当か
反中・反韓のネット右翼はどこまで深刻か
FACTFULNESS応用編|事実に基づき多面的に考えよう
『ファクトフルネス』共著者に聞く
急成長を遂げた日本の軌跡を現在の世界各国と比較
FACTFULNESS基礎編/1つだけの数字に着目してはいけない
FACTFULNESS基礎編//GDPに頼った日本独り負け論は一面的
FACTFULNESS基礎編/あなたはなぜ勘違いするのか?
驚きの数字・統計
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内