有料会員限定

単純化本能…1つの道具に固執するな! FACTFULNESS基礎編//GDPに頼った日本独り負け論は一面的

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13
拡大
縮小

あなたの考えが正しいことを示す例ばかり集めてはいけない。

(comzeal / PIXTA)

特集「FACTFULNESS 日本版」の他の記事を読む

『ファクトフルネス』は、人が間違える脳の機能として「単純化本能」も挙げている。

1つの視点だけでは世界を理解できないが、人は何か1つの道具を使えるようになると、それを何度でも使いたくなる。1つの問題を深く掘り下げると、その問題が必要以上に重要に思えたり、自分の解がいいものに思えたりすることがあると同書は指摘する。

ここで想起されるのが、日本は「失われた30年」で本当に貧しくなったかという疑問だ。日本はバブル崩壊以降、とりわけ1997~98年の金融危機以後に名目GDP(国内総生産)が低迷し、賃金が伸びなくなった。図表1のような日本独り負けのグラフが示され、その『戦犯』として金融政策を担う日本銀行が糾弾される。2013年に現在の黒田東彦総裁による「異次元金融緩和」へのレジーム転換がなされたのは記憶に新しい。

だがこれらの日本独り負け論は、GDPという1つの道具に頼ったものでしかない。経済を計る標準の物差しであるGDPを用いた国際比較や分析は国内外で大々的に行われている。そのため、この視点による日本の問題だけがクローズアップされる側面がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
FACTFULNESS 日本版
フィナンシャル・タイムズ・アフリカ編集長に聞く
棒・折れ線グラフ一本やりから卒業しよう
FACTFULNESS実践編|統計リテラシーを高める
2015年ノーベル賞経済学者に聞く
「円が安全通貨」はどこまで本当か
反中・反韓のネット右翼はどこまで深刻か
FACTFULNESS応用編|事実に基づき多面的に考えよう
『ファクトフルネス』共著者に聞く
急成長を遂げた日本の軌跡を現在の世界各国と比較
FACTFULNESS基礎編/1つだけの数字に着目してはいけない
FACTFULNESS基礎編//GDPに頼った日本独り負け論は一面的
FACTFULNESS基礎編/あなたはなぜ勘違いするのか?
驚きの数字・統計
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内