有料会員限定

変わるメガ、もがく地銀 銀行

✎ 1〜 ✎ 32 ✎ 33 ✎ 34 ✎ 最新
拡大
縮小

特集「変容を迫られるニッポン株式会社」の他の記事を読む

「本業の儲けである業務純益が大幅な減益となり、非常に厳しい」。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)の平野信行社長は2018年度上期の決算について、険しい表情でそう語った。

銀行の本業は預金と貸し出しとの利回りの差(利ザヤ)で稼ぐ預貸業務が中心。この利ザヤの縮小が止まらない。

国内では高齢化や人口減少が進行。潜在成長率も低下し、借り手は減少傾向が続く。銀行同士の競争は激しさを増し、貸出利回りは急激に下がってきた。

そこに拍車をかけるのが日本銀行の金融政策である。超低金利に加え、マイナス金利政策の導入により、各銀行の国債運用の収益性が低下。従来よりも貸し出しや投資に資金を回さざるをえなくなった。

18年7月時点の金融機関のバランスシートを見ると、金融緩和前の12年末と比較して国債運用が減少し、貸し出しが増加。一方、現金・預け金が積み上がり、運用難に陥っていることが確認できる。

こうした環境は、すぐに改善できるものではない。銀行各社は、「大企業向けの貸出利回りは下げ止まった」と口をそろえるが、「中小企業向けや住宅ローンは引き続き厳しい」という。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
変容を迫られるニッポン株式会社
働き方|「80%の力でいいから納得いく成果出す」
働き方|「納得いくキャリアには批判的な意識が不可欠」
テクノロジー失業
AI時代の活路|「AI恐慌に備えて人生二毛作の準備を」
宇宙/食料/フィンテック/政治…
教育|「20年の教育改革へ新たな方法論探る」
ゲーム|「最新技術を駆使し、面白さ突き詰める」
広告
テレビ
平成の教訓|旅行|「観光」から「ツーリズム」の時代へ
テーマパーク
物流
空輸|「航空連合の再編視野、LCC国際線に活路」
鉄道|「東京―大阪間67分 大動脈をより太く」
鉄道
ゼネコン|「担い手確保が急務、土日全休を目指す」
不動産
鉄鋼|「鉄はまだ進化する 『日本』名で勝負」
平成の教訓|電力
電力ビジネス
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内