有料会員限定

Interview|ビジネス・ブレークスルー大学 学長 大前研一 検証 ゴーンショック|「グローバル経営道半ば 人材不足の日本企業」

印刷
A
A

日産自動車のトップに君臨していたカルロス・ゴーン前会長の逮捕は、日本の産業界に大きな衝撃を与えた。グローバル経営の導入が本格化した平成の時代、ゴーン氏はその象徴的存在でもあった。ゴーン氏逮捕はどんな意味を持つのか。40年にわたり世界と日本の企業を分析してきた大前研一氏に聞いた。

おおまえ・けんいち●1943年生まれ。米マサチューセッツ工科大学大学院で博士号(原子力工学)。日立製作所を経て、マッキンゼー日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任。2010年4月から現職。(撮影:梅谷秀司)

特集「変容を迫られるニッポン株式会社」の他の記事を読む

──ゴーン氏が逮捕されました。

今回の逮捕のきっかけはゴーン氏のルノーCEO(最高経営責任者)の任期問題だろう。マクロン仏大統領は、経済・産業・デジタル大臣だったころからルノーと日産の統合を主張していた。一方、もともと2018年までだったゴーン氏のルノーCEOの任期は22年まで延びた。ゴーン氏と仏政府との間で、ルノー・日産の完全統合と引き換えに任期を延長する密約があったのではないか。

マクロン大統領の狙いは「1000万台クラブ」の実現であり、「世界一の車メーカーが仏に存在する」というプライドの実現だろう。このままだとルノーに有利な形で経営統合が進み、本社部門が一緒になる。日産という母体はなくなり後戻りできなくなる。(日産の)西川廣人社長らはそこに危機感を抱いたのではないか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
変容を迫られるニッポン株式会社
クレジットカード
保険|「デジタル化で保険の事業モデルは激変」
損害保険
生命保険
平成の教訓|証券|「ブロックチェーンで再び革命を起こす」
フィンテック
銀行|「金融界に3つの波、異業種と提携加速」
銀行
平成の教訓|コーポレートガバナンス
平成の教訓|倒産
バイオ|「投資家が納得する事業モデル構築を」
平成の教訓|製薬|創薬はエベレスト登頂ほど難化
製薬
平成の教訓|化粧品|小売りが大きく変化した30年
酒類|「『ドライ』は変えない、飲み方提案を強化」
酒類
食品|「家庭内消費は激減、高単価路線が必須」
食品
外食|「客は価値あるものにおカネを惜しまない」
外食
通販|「ECは脅威でない 紙の露出を増やす」
家電量販店|「店舗とネットのオムニ戦略が重要」
家具・雑貨
アパレル
百貨店|「顧客に寄り添った『物語』が必要に」
百貨店
スーパー
コンビニ
平成の教訓|流通|「規模を求めるな、壁を破り続けよ」
通信
工作機械
平成の教訓|精密機器|「業態転換のカギは新事業への貪欲さ」
電子部品
半導体
電機|「タイムマシンだってネットで実現できる」
平成の教訓|電機
電機|「AV機器で大手に伍するブランド作る」
電機
配車サービス
平成の教訓|自動車
自動車
IT|「低リテラシー層はポスト平成に激減」
IT|「相手は米中テック企業 AI、金融に勝機あり」
IT
GAFA
ゴーン氏逮捕、私はこう見た(2)作家 江上 剛
ゴーン氏逮捕、私はこう見た(1)神戸大学大学院教授 三品和広
検証ゴーンショック
検証 ゴーンショック|「グローバル経営道半ば 人材不足の日本企業」
変容を迫られるニッポン株式会社
»»PART Ⅰ 国内産業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内