駅近の好立地や耕作放棄地など様々 生産緑地現場ルポ

印刷
A
A

東京23区の生産緑地“御三家”が練馬、世田谷、江戸川の3区だ。

この3区の生産緑地は、1992年以降、減り続けてきた。選別はされてきたが、それでも広大な緑地が残っている。駅至近の生産緑地は早い段階で現金化され、宅地となった。総じて、現存する生産緑地の多くは最寄り駅から徒歩10分以上、遠い地域だとバス便でも15分以上は離れた地域に点在しているといわれる。

不動産コンサルタントの長嶋修氏によれば、「最近の不動産の傾向として徒歩10分圏内では売れず、徒歩7分以内で探す人が増えている」という。だとすれば、駅から遠い場所にある生産緑地が市場に出回ったとしても、宅地としてそれほど魅力のあるものになるとは考えにくい。都心で、宅地の供給が急増するリスクはどれほどあるのだろうか。

練馬区にある大泉学園地区は「生産緑地銀座」とも呼ばれている。大泉学園の北西方面は鉄道の空白地であり、道幅も狭く、朝夕の通勤・通学時は渋滞がおなじみの光景となっている。みどりバスというコミュニティバスに乗り込み、大泉学園駅を出発し15分も揺られていると、緑のまぶしい畑がぽつりぽつりと目に入ってくる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
地価崩壊が来る
データ分析では意外な結果に
全国人口流動ランキング
土地格差時代にはこう備える
売り時と買い時はいつやってくるのか(2)
売り時と買い時はいつやってくるのか(1)
土地余りで多くの困難も!
第一人者が解説! Q&A
»»Part3実用編|人口縮小時代の備え方&相続
シドニー、北京、ロンドン・・・
現地住民でも首をかしげる
コンパクト化計画の理想と現実
第一人者が解説! Q&A
悪戦苦闘した南三陸
»»Part2地方|疲弊する街で土地が捨てられる
地価変動率ランキング
緑地活用ビジネスに前のめりの業者たち
悩める緑地オーナーに照準
買取申し出10年先送りも
駅近の好立地や耕作放棄地など様々
生産緑地現場ルポ
第一人者が解説! Q&A
地価上昇はやがて終焉 地価崩壊が来る
»»Part1大都市|郊外から没落カウントダウン
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内