有料会員限定

ニッポンの土地問題 第一人者が解説! Q&A

印刷
A
A

生産緑地の指定解除をきっかけとした「2022年問題」、郊外ベッドタウンの衰退などすべて解説。

土地の「2022年問題」は起こるのか

イラスト:こまつめ組

特集「地価崩壊が来る」の他の記事を読む

Q. 「2022年問題」の焦点である生産緑地とは何ですか?

A 塩澤 都市計画における市街化区域は市街化を促進する区域で、農地は宅地化することが前提でした。しかし、生産緑地地区の指定を受けると、建築などの行為が制限される代わりに、固定資産税が農地並みになり、相続税の納税猶予制度も適用されて農業を継続しやすくなります。このように、生産緑地は、市街化区域の農地を保全する制度です。

生産緑地制度では、生産緑地の指定から30年経過すると、市区町村に買い取りの申し出ができます。その最初の年が2022年に迫っています。対象となる土地を所有する農家が一斉に買い取り申し出を行うと、その多くが宅地として放出され、土地・住宅市場に大きな影響を与えかねないというのが、「2022年問題」です。

Q. それでは「2022年問題」は本当に起こるのでしょうか。

A 塩澤 30年経過を前に、都市農業の振興、都市農地を生かした街づくりが注目されています。そうした中で今年、生産緑地法が改正されました。指定から30年経過する生産緑地について、特定生産緑地の指定を受ければ、買い取り申し出となる時期を10年先送りできます。10年経過後、再度指定されれば、さらに10年の先送りも可能となる制度です。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
地価崩壊が来る
データ分析では意外な結果に
全国人口流動ランキング
土地格差時代にはこう備える
売り時と買い時はいつやってくるのか(2)
売り時と買い時はいつやってくるのか(1)
土地余りで多くの困難も!
第一人者が解説! Q&A
»»Part3実用編|人口縮小時代の備え方&相続
シドニー、北京、ロンドン・・・
現地住民でも首をかしげる
コンパクト化計画の理想と現実
第一人者が解説! Q&A
悪戦苦闘した南三陸
»»Part2地方|疲弊する街で土地が捨てられる
地価変動率ランキング
緑地活用ビジネスに前のめりの業者たち
悩める緑地オーナーに照準
買取申し出10年先送りも
駅近の好立地や耕作放棄地など様々
生産緑地現場ルポ
第一人者が解説! Q&A
地価上昇はやがて終焉 地価崩壊が来る
»»Part1大都市|郊外から没落カウントダウン
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内