有料会員限定

10年後を見据えた失敗しない土地選び 土地格差時代にはこう備える

印刷
A
A

日本の住宅価格は2010年から40年までに46%下がるという予測が出ている。ただ、価格がすべて下落するのではなく、エリアによって激しい格差が生じるという状況になる。価値がゼロ、あるいはマイナスに向かう物件がある一方、一部の不動産は上昇余地を残すことになる。

特集「地価崩壊が来る」の他の記事を読む

どのタイミングで、どんな場所に、どのような住宅を買うか。場合によっては、天地ほどの格差が生まれる。資産化する「富動産」とマイナス資産となる「負動産」が発生する格差時代の到来だ。

12年ごろから株価と連動するように急上昇したのが、都心3区(中央区・港区・千代田区)の中古マンション価格だ。しかし、それは都心の中古マンションに限られる。都心部なら中央、港、千代田区に新宿、渋谷区を加えた5区はこれまで60%程度上昇したが、東京全体ではプラス40%程度、神奈川などは20%程度の上昇だった。

東京、埼玉、神奈川、千葉で価格が上がったのはマンションのみ。一戸建てや一戸建て用の土地は、横ばいないしは下落トレンドだった。東京以外の都市部、地方では、価格が上昇した一戸建ては中心部などに限定される。上昇したマンションでも、求められる駅からの距離は「徒歩7分以内」。とある不動産検索サイトによれば、かつては徒歩10分以内で検索するユーザーが90%を占めたが、現在では7分以内が90%だという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
地価崩壊が来る
データ分析では意外な結果に
全国人口流動ランキング
土地格差時代にはこう備える
売り時と買い時はいつやってくるのか(2)
売り時と買い時はいつやってくるのか(1)
土地余りで多くの困難も!
第一人者が解説! Q&A
»»Part3実用編|人口縮小時代の備え方&相続
シドニー、北京、ロンドン・・・
現地住民でも首をかしげる
コンパクト化計画の理想と現実
第一人者が解説! Q&A
悪戦苦闘した南三陸
»»Part2地方|疲弊する街で土地が捨てられる
地価変動率ランキング
緑地活用ビジネスに前のめりの業者たち
悩める緑地オーナーに照準
買取申し出10年先送りも
駅近の好立地や耕作放棄地など様々
生産緑地現場ルポ
第一人者が解説! Q&A
地価上昇はやがて終焉 地価崩壊が来る
»»Part1大都市|郊外から没落カウントダウン
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内