有料会員限定

50歳になったらやっておくこと Interview|江上 剛●作家

印刷
A
A

第一勧業銀行(現みずほ銀行)の総会屋利益供与事件の際、広報部次長を務めた江上剛氏は、49歳で作家に転身した。サラリーマンが第二の人生を歩み出すためのヒントを聞いてみた。

作家 江上 剛
えがみ・ごう●1954年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。同行の総会屋利益供与事件に広報部次長として対応。2002年『非情銀行』で作家デビュー。03年みずほ銀行退行。近著に『病巣』(朝日新聞出版)。(撮影:今井康一)

特集「定年後の仕事選び」の他の記事を読む

僕は49歳で銀行を辞めた。確かにいろいろなことがあって辞めたのだが、「50歳になったら辞められないな」とも考えていた。

50代になれば順当なら執行役員に昇進する。さらに取締役になりランクアップしていくか、そうでないなら出世をあきらめるか。あきらめたら役職定年になる。一般の会社でも同様だろう。

だから50歳を超えたらそのままズルズルと過ぎて、辞める決断ができなくなると思っていた。必ずしも作家で食べていけるという自信があったわけでもないけれど。

早期退職の募集もあったが、結果的にはそのまま銀行に残る選択をした同期が多かった。逆に出ていったやつで、すごくうまくいっているという話も聞かないね。

50代は孤独を愛し自分を見つめ直せ

50歳前後で自分のキャリアに迷っている人は、仕事に対する向き合い方の整理をしたほうがいい。孤独を愛するというか、「一人でも大丈夫」な状態にしていく。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年後の仕事選び
ボランティア
転職
シニア起業
Interview|佐々木常夫●佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表
基本をきっちり押さえる
知られざるサービスが満載
自分の強みをアピールするコツ
Interview|江上 剛●作家
Interview|楠木 新●『定年後』著者
いつまでもしなやかに働くために
»»Part2 準備をしない現役たちへ
シニア活用の光と影
役員になりたい女性がいない
「働かないおじさん」には訳がある
やりたい仕事で存分に働き続ける
人事部長覆面座談会
今いる会社で長く働く7
今いる会社で長く働く6
今いる会社で長く働く5
今いる会社で長く働く4
今いる会社で長く働く3
今いる会社で長く働く2
今いる会社で長く働く 1
»»Part1 50歳からの仕事術
定年後の仕事選び
50歳から考える
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内