有料会員限定

定年は処遇見直しの大チャンス 人事部長覆面座談会

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小

すべての従業員について、65歳までの雇用確保が企業に義務づけられるようになってから4年半。雇用延長が企業の現場にもたらした影響について、現役の人事部長3人が語る。

Aさん:製造業
Bさん:情報システム
Cさん:ITサービス

──2013年4月の改正高年齢者雇用安定法の施行で、企業は希望する全従業員に対し、1. 定年後再雇用、2. 定年引き上げ、3. 定年廃止のいずれかの措置を取らなければならなくなりました。現在の雇用延長の仕組みはどうなっていますか。

Aさん 法改正前から定年後再雇用制度を導入しており、今も変わっていない。定年前の役職にもよるが、賃金は従来の2分の1、3分の1になる人もいる。だが、ほとんどの従業員が利用している。

Bさん うちも再雇用だが、定年後に一気に下げるのではなく、50代半ばから徐々に下げている。

Cさん 両社と同じく再雇用制度を取っている。賃金は定年前の半分で、1年更新の嘱託という扱いになる。国の要請に従って制度化したという感じだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年後の仕事選び
ボランティア
転職
シニア起業
Interview|佐々木常夫●佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表
基本をきっちり押さえる
知られざるサービスが満載
自分の強みをアピールするコツ
Interview|江上 剛●作家
Interview|楠木 新●『定年後』著者
いつまでもしなやかに働くために
»»Part2 準備をしない現役たちへ
シニア活用の光と影
役員になりたい女性がいない
「働かないおじさん」には訳がある
やりたい仕事で存分に働き続ける
人事部長覆面座談会
今いる会社で長く働く7
今いる会社で長く働く6
今いる会社で長く働く5
今いる会社で長く働く4
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内