有料会員限定

シニアのためのハローワーク活用術 知られざるサービスが満載

印刷
A
A
ハローワークの職業相談窓口には多くのノウハウが集まっている(イラスト:秋葉あきこ)

特集「定年後の仕事選び」の他の記事を読む

厚生労働省によれば、今年7月の有効求人倍率は1.52倍と、43年ぶりの高水準を記録した。

求職者1人につき1.5件超の求人がある空前の売り手市場は、転職で苦労しがちなシニアにも追い風のはずだが、どうやら楽観はできないようだ。3〜10倍の建築・土木関係、約7倍の保安(警備)、3倍を超える販売サービスが全体の数字を押し上げているだけで、人気の事務業は0.38倍と依然厳しいままであるためだ。

(注)パート除く実数 (出所)厚生労働省「一般職業紹介状況」(2017年7月分)

「事務職は書類選考で落とされる人が多く、シニアになると余計厳しいので、求人倍率の数字の実感はほとんどない」と、東京都内のハローワーク(ハロワ)関係者はこぼす。

「管理的職業」も、求人倍率は2.0倍と高いが、中身を見ると、介護・医療関係の事務長の求人が目白押しだ。言葉からイメージされがちな一般企業の総務・人事などの管理職求人は、極端に少ないことがわかる。

厳しい状況下における、シニア転職成功のカギは、ハロワをいかに上手に使いこなすかにかかっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年後の仕事選び
ボランティア
転職
シニア起業
Interview|佐々木常夫●佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表
基本をきっちり押さえる
知られざるサービスが満載
自分の強みをアピールするコツ
Interview|江上 剛●作家
Interview|楠木 新●『定年後』著者
いつまでもしなやかに働くために
»»Part2 準備をしない現役たちへ
シニア活用の光と影
役員になりたい女性がいない
「働かないおじさん」には訳がある
やりたい仕事で存分に働き続ける
人事部長覆面座談会
今いる会社で長く働く7
今いる会社で長く働く6
今いる会社で長く働く5
今いる会社で長く働く4
今いる会社で長く働く3
今いる会社で長く働く2
今いる会社で長く働く 1
»»Part1 50歳からの仕事術
定年後の仕事選び
50歳から考える
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内